光田健輔とは?

光田健輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/25 14:10 UTC 版)

光田 健輔(みつだ けんすけ、1876年1月12日 - 1964年5月14日)は、日本の病理学者皮膚科医。生涯をハンセン病の撲滅に捧げ、国立長島愛生園初代園長等を歴任した。生前は「救癩の父」と崇められ、文化勲章やダミアン・ダットン賞を受けた。その一方で、患者の絶対隔離政策を推進する「癩予防法」改正、無癩県運動、「らい予防法」制定等の中心人物であり、日本の対ハンセン病政策の明暗を象徴する人物ともされる。贈正三位勲一等瑞宝章




  1. ^ 武田徹『「隔離」という病い』
  2. ^ 第3回国際らい病学会概況 佐藤秀三 光田健輔 らいに関する論文第2編 1950
  3. ^ 『朝日新聞』1951年10月18日「文化勲章の受章者内定」等。同記事では、国立長島愛生園の光田健輔園長はライ患者の救済をはじめ、らい予防法制定などにつくした功績により受章内定と紹介されている。
  4. ^ 岡山市名誉市民|岡山市|市政情報|岡山市長室
  5. ^ 野島泰治 らいと梅干と憲兵 昭和46年
  6. ^ 青柳緑 らいに捧げた八十年 光田健輔の生涯 新潮社 1965
  7. ^ 桜井[1974:329-335]
  8. ^ 無癩県運動における真宗大谷派の謝罪声明を参照。)
  9. ^ 国本衛「光田健輔と文化勲章」『ハンセン病市民学会ニュース』6号、2008.3.13.
  10. ^ ただし、犀川自身はハンセン病国家賠償訴訟における証人の場でハンセン病隔離政策は誤りであったと主張しており、間接的にではあるが、光田のハンセン病に対するスタンスを批判している
  11. ^ 青木恵哉『選ばれた島』
  12. ^ 武田徹『「隔離」という病い---近代日本の医療空間』
  13. ^ 高山文彦『火花---北条民雄の生涯』
  14. ^ 桜井[1974:64-65]
  15. ^ 桜井[1974:160, 234]
  16. ^ 桜井[1974:234]


「光田健輔」の続きの解説一覧



光田健輔と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「光田健輔」の関連用語

光田健輔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



光田健輔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの光田健輔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS