リテラシーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > リテラシー > リテラシーの意味・解説 

リテラシー

英語:literacy

リテラシーの意味

リテラシーとは「物事を正確に理解し、活用できること」を表す語。リテラシーの語源は英語の「literacy」からきており、本来は「読み書きができる能力知識」を指す言葉である。

ビジネス用語としてのリテラシー

ビジネス用語としては仕事対す遂行能力が高いか、低いかといった評価をする場合によく使われる。リテラシーは単体で使われるケースもあるが、「メディアリテラシー」や「ネットリテラシー」といったように、何かとセットになることが多い。例えば、メディアリテラシーテレビインターネットなどで発信された情報把握し、正しく使用できる能力、ネットリテラシーはインターネット情報収集した内容を的確に活用する能力を指す。

単にリテラシーと略して表現される場合メディアリテラシーやネットリテラシーを示す場合が多い。他には、文化リテラシー金融リテラシーといった語もある。文化リテラシーは、芸術文学などの分野で人の心を動かせる能力のことである。金融リテラシーは、金融ルール商品幅広く網羅活用できる能力のことである。株式生命保険仮想通貨などの知識豊富な人を指す。

リテラシーの語の使い方




リテラシーとコンピテンシー

リテラシーと似たような意味をもつ言葉として「コンピテンシー」がある。コンピテンシーとは、仕事で高い業績をあげる人たちが共通して持っている行動特性のことである。アメリカハーバード大学によると、仕事ができる能力と、その人持っている知能学歴は必ずしもイコールではないというデータがある。コンピテンシーの高い人たちはさまざまな環境に対応する能力優れており、コミュニケーションが上手に取れるのが特徴である。また、異文化対す感受性が高く、グループ統率したり、新し組織生み出す能力持っている

コンピテンシー特性分析し、理解することができれば一般層の人でも業務効率上げることが可能である。そのため多く企業コンピテンシー教育に力をいれている傾向にある。リテラシーとコンピテンシーとの違い整理すると、リテラシーはあくまで能力の高さを示す概念といえる一方コンピテンシー業務能力アップさせるための行動特性といえる


リテラシー

英語:literacy

リテラシーとは

リテラシー(英: literacy)とは、おおむね知識情報有効活用できる能力」という意味合いで用いられる表現基本的には「読み書きできる能力」を意味し、「識字能力」または「読み書き能力」を指して用いられるが、これ以外の文脈でも「情報活用する能力」のような意味合い幅広く用いられる。

リテラシーは英語に由来する表現であり、英語における literacy は「読み書き能力」を意味する。つまり日本語の意味とだいたい同じである。ちなみにliteracy対義語は「illiteracy」である。illiteracy は、否定を意味する接頭辞il-」が付いた語であり、意味は「読み書きできない」「無学」。閑話休題。英語の literacy は、形容詞literate」(読み書きできる)の名詞形である。literate語源ラテン語の「littera」および「litteratus」に遡り、これは letter文字手紙学識)と同語とされる

日本語の中では、「リテラシー」という語が単独で用いられることは少なく、むしろ「情報リテラシー」や「メディアリテラシー」「ITリテラシー」のように《何の分野におけるリテラシーか》を明示する言い方で用いられることが多い。これは日本語独特というわけではなく、英語でも information literacy情報リテラシー)、media literacyメディアリテラシー)といった表現がよく使われる。

「リテラシー」の語を用いて叙述する場合動詞には「高い・低い」「ある・ない」「持っている欠如している」といった表現が用いられる。基本的には「高める」「育てる」「養う」「向上させる」といった指向の下に用いられる語であり、「低下する」とか「失う」といった方向言及される場合は(皆無ではないが)めったにない

リテラシーを使った例文

情報リテラシーとは

情報リテラシーとは、膨大な情報源アクセスし、その中から自分の得たい情報効率的探し出し、適切に活用できる、そのような能力といえる典型的には図書館インターネット活用した調べ物可否・質・迅速さなどにおいて情報リテラシー問われる

メディアリテラシーとは

メディアリテラシーとは、情報伝達する媒体メディア)の機能役割性質正しく認識し、正しく活用できる能力であるといえる情報収集し、選択し、活用する、という点において「情報リテラシー」と共通するが、メディアリテラシーメディア通じて得られる情報に特に焦点当てている。ニュース情報に特に焦点を絞る意味で「ニュースリテラシー」という表現が用いられる場合もある。

ITリテラシーとは

ITリテラシーとは、情報アクセスする手段としてコンピュータネットワーク活用できる能力である、あるいは、コンピュータネットワーク活用して情報アクセスできる能力である。情報収集し、選択し、活用するという点は情報リテラシーメディアリテラシーと同様であるが、IRそのため利用する手段PC等の電子器機であり、ハードウェアソフトウェア性質機能扱いに関する理解問われるという部分が「ITリテラシー」の根底にはある。

情報リテラシー」や「メディアリテラシー」、「ITリテラシー」は、いずれも情報情報メディアを扱う能力」というような意味で用いられる表現である。文脈によっては意味合い重複したり、代替可能だったりする場合がある。

リテラシー教育

情報リテラシーメディアリテラシーも、ITリテラシーも、現代情報化社会においては半ば必須の能力といえる学校教育などにおける、子供各種リテラシーを高め取り組みは、「リテラシー教育」と呼ばれる

リテラシーとコンピテンシーとの違い

「リテラシー」と同様、「コンピテンシー」も、「能力」に関連する語という点で共通しているが、必ずしも類語として扱えるとは限らないコンピテンシーは英語の competency に基づく語であり、英語では「適格性」という意味がある日本語における「コンピテンシー」は、ビジネス企業経営人材マネジメント分野において「成績優秀者の良好業績の源となっている行動様式行動特性」といった意味合いで用いられる、ある種専門用語である。

リテラシー

本来の意味は読み書き能力のことですが、単に知識だけではなく知識活用 する能力も含む意味として使われます。「科学リテラシー」といった場合科学的問題理解し、生活や仕事活用するために必要な知識能力をいいます。

リテラシー literacy

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

意味説明

情報を的確に読み解き,またそれを活用するために必要な能力

その他の言い換え語例

読み解き能力 情報活用能力


リテラシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/30 15:14 UTC 版)

リテラシー: literacy)とは、原義では「読解記述力」を指し、転じて現代では「(何らかのカタチで表現されたものを)適切に理解解釈・分析し、改めて記述・表現する」という意味に使われるようになり(後述)、日本語の「識字率」と同じ意味で用いられている。 ちなみに、古典的には「書き言葉を正しく読んだり書いたりできる能力」と言う限定的に用いられる時代もあった。




  1. ^ literacy”. Online Etymology Dictionary. 2017年4月19日閲覧。


「リテラシー」の続きの解説一覧

リテラシー

出典:『Wiktionary』 (2018/05/12 14:08 UTC 版)

語源

英語 literacy

名詞

リテラシー

  1. 識字能力
  2. 使用能力、ある分野に関する知識



リテラシーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リテラシー」の関連用語

リテラシーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リテラシーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2020 Food Safety Commission. All Right Reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2020 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリテラシー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのリテラシー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS