サーキットブレーカーとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 会計用語 > サーキットブレーカーの意味・解説 

サーキットブレーカー


サーキットブレーカー

株式相場大きく変動した時に相場安定させる目的発動される取引中断措置
株式相場大きく変動した時、とくに先物取引現物取引価格サヤ取りを行う裁定取引に絡んで、相場混乱する場合ありますそのような時、取引一時的中断することによって、株式市場混乱陥るのを防ぎます。日本では1994年2月日経300株価指数先物取引スタートした時に導入されました。その内容は、(1)先物価格1日値幅制限である5%の3分の2を超えて上下に動いた場合、(2)制限値幅5分の1を超えて理論価格からかい離した場合――の両方を満たした時に先物取引15分間中断させる措置が取られます。

サーキットブレーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/28 02:51 UTC 版)

サーキットブレーカー




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サーキットブレーカー」の関連用語

サーキットブレーカーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サーキットブレーカーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2019 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2019 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサーキットブレーカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS