エデュテインメントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > エデュテインメントの意味・解説 

エデュテインメント【edutainment】


エデュテインメント

【英】edutainment

エデュテインメントとは、「楽しみながら学ぶ」ことを目的としたマルチメディアやそのコンテンツのことである。エデュケーション Education教育)とエンターテイメント Entertainment娯楽)という2つ言葉あわせて作られた。

幼児文字数字学習する知育ソフトや、学校等での授業用のソフトなどが相当するが、ゲームのように楽しみながら学習ができるという特徴を持つ。そのため、動画音声などを用いてゲーム要素盛り込んだり、双方向的な仕組み取り入れて楽しみながら学習できることをコンセプトとしている。

エデュテイメント分野ソフトウェアとしては、国語数学、英語、科学地理コンピュータなど幅広いジャンルソフトウェア子供向け開発されており、また、クイズ答えて楽しみながら英会話を学ぶなどといった大人楽しみながら学べソフトウェア開発されている。

情報と社会のほかの用語一覧
情報工学:  トップダウン法  Zenbo
教育:  CBT  エデュテインメント  エデュテイメントソフト  CAI  CITL

エデュテインメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 02:22 UTC 版)

エデュテインメント: edutainment)は、娯楽でありながら、娯楽と関係ない分野の教育として機能するようなエンターテインメントの形式である。テレビ番組テレビゲーム映画音楽ウェブサイトマルチメディアソフトウェアなどといった一般的な娯楽の中に教育的要素を埋め込むことで、聴衆や視聴者を教育する。例えば、競合状態の解決を子供に教えるテレビゲームもエデュテインメントであり、ガイド解説付きツアーで野生動物の生態や生息地を学ぶのも一種のエデュテインメントである。


  1. ^ Stoll, Clifford (1999年). High Tech Heretic. Doubleday. ISBN 0-385-48975-7 


「エデュテインメント」の続きの解説一覧

「エデュテインメント」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エデュテインメント」の関連用語

エデュテインメントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エデュテインメントのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2024 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリエデュテインメントの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエデュテインメント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS