アールデコとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > アールデコの意味・解説 

アール‐デコ【(フランス)art déco】

読み方:あーるでこ

装飾美術の意》1910年代から30年代フランス中心に流行した美術工芸様式。単純・直線的なデザイン特徴


アール・デコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/09 06:31 UTC 版)

アール・デコ: Art Déco)とは、一般にアール・ヌーヴォーの時代に続き、ヨーロッパおよびアメリカ合衆国ニューヨーク)を中心に1910年代半ばから1930年代にかけて流行、発展した装飾の一傾向。
原義は装飾美術Arts décoratifs)。


  1. ^ a b 本田榮二『ビジュアル解説 インテリアの歴史』秀和システム、2011、304頁。 
  2. ^ Poulin, Richard (2012). Graphic Design and Architecture, A 20th Century History: A Guide to Type, Image, Symbol, and Visual Storytelling in the Modern World. Rockport Publishers. p. 85. ISBN 978-1-61058-633-7. https://books.google.com/books?id=0kf0AwAAQBAJ&pg=PA85 
  3. ^ 今井 2003, pp. 178–179.
  4. ^ アール・デコのポスター展」展覧会カタログ13ページ
  5. ^ a b c 塚田朋子「ココ・シャネルによるCHANELのブランド・ビルディング」『経営論集』第67号、東洋大学経営学部、2006年3月、83-99頁、ISSN 02866439NAID 110009621662 
  6. ^ 『ポール・ポワレ衣裳展 モダンの原点 アール・デコ』財団法人ファッション振興財団、パリ市立パレ・ガリエラ服飾美術館、1985, p110
  7. ^ 『ポール・ポワレ衣裳展 モダンの原点 アール・デコ』(上述), p9
  8. ^ 『ポール・ポワレ衣裳展 モダンの原点 アール・デコ』(上述), p14
  9. ^ 深沢祥代「ファッションとパリのモード産業」『文化女子大学紀要 服装学・造形学研究』第40巻、文化女子大学、2009年1月、95-108頁、ISSN 13461869NAID 110007006881 
  10. ^ 20世紀の靴 東京都立皮革技術センター
  11. ^ 川中美津子「アール・デコの服飾」『デザイン理論』第34号、関西意匠学会、1995年11月、136-137頁、ISSN 0910-1578NAID 120005651041 
  12. ^ ただし、廿世紀浴場がアールデコ系と言うのがふさわしいかどうかについては、異論もある。



アール・デコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/26 07:59 UTC 版)

バニョール=ド=ロルヌ」の記事における「アール・デコ」の解説

第一次世界大戦残酷な中断のあと、バニョール観光地として開発進んだ。この偉大な豊かさもたらした2度目時期は、「黄金の20年代」としてフランスで呼ばれた時期重なる。温泉国際的に成功した温泉療法で賑わう時期には、クラシック音楽コンサート競馬場での競馬、ゴルフ・トーナメントや、洗練され要求厳し人々のためのその他多く活動催された。温泉のまちが流行先端に常にあることは不可欠であったこの期間中建設され建物多くが、戦間期に非常に人気のあったアール・デコの影響受けている。主として民間投資が行われて新し建築様式での建設許された。アメリカ人富豪でグランド・オテルのオーナー、フランク・ジェイ・グールドは、ベル・エポック時代のアルベール・クリストフルのように、ローン開発興味持った

※この「アール・デコ」の解説は、「バニョール=ド=ロルヌ」の解説の一部です。
「アール・デコ」を含む「バニョール=ド=ロルヌ」の記事については、「バニョール=ド=ロルヌ」の概要を参照ください。


アール・デコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 13:49 UTC 版)

狂騒の20年代」の記事における「アール・デコ」の解説

アール・デコはこの時代画したデザインと建築様式だった。ベルギー端を発し西ヨーロッパ他地域、さらに1920年代半ばには北アメリカ広がったアメリカでは当時世界一の高さを誇った建物であるクライスラービルのように、最も注目集めたビルこの様式を採って建設された。アール・デコの特徴は単純で幾何学的であるが、芸術家達は自然から発想を得ることが多かったと言われる初め曲線用いられたが、後には直線的な設計人気を呼ぶようになった

※この「アール・デコ」の解説は、「狂騒の20年代」の解説の一部です。
「アール・デコ」を含む「狂騒の20年代」の記事については、「狂騒の20年代」の概要を参照ください。


アール・デコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/10 07:58 UTC 版)

アンティーク・ジュエリー」の記事における「アール・デコ」の解説

高まる政治的緊張戦争余波、そして世紀の変わり目見られ退廃への反動から、デザインはさらにシンプルな方向流れたその結果製造効果上がり高品質ジュエリー大量生産される時代迎えた。この1920年代から1930年代にかけてのスタイルは、アール・デコとして今日までよく知られている。ヴァルター・グロピウスドイツバウハウス様式は、「芸術家職人の間に壁はない」という彼らの哲学のもと、様式化されたシンプルなスタイルへと流行導いた現代的な素材生み出された。プラスチックアルミニウム早くからジュエリー取り入れられ有名なものには、ロシア生まれバウハウス教師、ナウム・スルツキーのクロム・ペンダントがある。技術は、素材そのもの同じくらい重要になり、欧米ではこの時期に、ドイツのエリザベス・レスコーによってグラニュレーション(en)(古代エトルリア遺跡から出土したジュエリー見られる金の粒細工)の技術再発見された。この技術再開発は、1990年代まで続いた

※この「アール・デコ」の解説は、「アンティーク・ジュエリー」の解説の一部です。
「アール・デコ」を含む「アンティーク・ジュエリー」の記事については、「アンティーク・ジュエリー」の概要を参照ください。


アール・デコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/30 22:29 UTC 版)

ロートアイアン」の記事における「アール・デコ」の解説

1925年現代工芸美術国際博覧会、略称アール・デコ博がパリ開かれたバレエなどのロシア趣味ジャズカクテルなどのアメリカ趣味ツタンカーメン発掘契機とするエジプト趣味浮世絵和室着物などの日本趣味、アール・デコの要素多くフランスのものではない。 しかしフランスはそれらの、あらゆるエキゾティシズム受け入れて、そこからモダンなライフスタイル提案したであった幾何学的な文様に、草花モチーフとしたデザイン特長である。

※この「アール・デコ」の解説は、「ロートアイアン」の解説の一部です。
「アール・デコ」を含む「ロートアイアン」の記事については、「ロートアイアン」の概要を参照ください。


アール・デコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 07:41 UTC 版)

洋服の歴史」の記事における「アール・デコ」の解説

余計な装飾外し、布のたるみを活かしたシンプルなスタイルドレス流行する1914年 1910年代 女性用水着1918年 1919年女性用仕事着 1920年代 1924年日本

※この「アール・デコ」の解説は、「洋服の歴史」の解説の一部です。
「アール・デコ」を含む「洋服の歴史」の記事については、「洋服の歴史」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アールデコ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アールデコ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アールデコ」の関連用語

1
クライスラー‐ビル デジタル大辞泉
38% |||||

2
38% |||||


4
ネーピア デジタル大辞泉
34% |||||

5
バローロ宮殿 デジタル大辞泉
34% |||||

6
フォート‐ウェイン デジタル大辞泉
34% |||||

7
べジャスアルテス宮殿 デジタル大辞泉
30% |||||




アールデコのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アールデコのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2024 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
横浜美術学院横浜美術学院
Copyright © 2024 横浜美術学院 AllRights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアール・デコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバニョール=ド=ロルヌ (改訂履歴)、狂騒の20年代 (改訂履歴)、アンティーク・ジュエリー (改訂履歴)、ロートアイアン (改訂履歴)、洋服の歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS