飛ぶとは? わかりやすく解説

と・ぶ【飛ぶ/跳ぶ】

読み方:とぶ

[動バ五(四)

空中移動する飛行する。「鳥が—・ぶ」

吹かれ空中に舞う。「木の葉が—・ぶ」

飛行機乗って目的地へ行く。「外相がワシントンヘ—・ぶ」

何かをめがけて勢いよく放たれる。「つぶてが—・ぶ」

はねて空中へ散る。飛散する。「火花が—・ぶ」「しぶきが—・ぶ」

(「跳ぶと書くことが多い)はずみをつけて、地面・床などをけり、からだが空中にあがるようにする。強く踏みきって遠くへ行く。また、はねて越える。「ジャンプ競技K点まで—・ぶ」「溝を—・ぶ」「飛び箱を—・ぶ」

大急ぎでまた、あわててある所へ行く。急行するかけつける。「事故現場へ—・ぶ」「おっとり刀で—・んでいく」

一気遠くまで至る。「心は故国に—・んでいる」

犯人などが遠くへ逃げる。逃亡する。「犯人海外へ—・んだらしい

10 すばやくある行為なされたり急に勢いよく言葉かけられたりする。「びんたが—・ぶ」「声が—・ぶ」

11 うわさ・命令などがたちまちひろがる。つたわる。「デマが—・ぶ」

12 あったものが消えてしまう。一時になくなる。「染めが—・ぶ」「ローンの返済ボーナス半分が—・ぶ」

13 つながっていたもの急に切れる。元から離れる。「ヒューズが—・ぶ」「地震計の針が—・ぶ」

14 間を抜かして先へ移る。途中欠けてあとへ続く。「ページが—・ぶ」「縫い目が—・ぶ」

15 (「飛んで」の形で数字読みあげる際、ある位の数字零のとき、そのを読むかわりにいう語。例えば、「五〇六円」を「五百飛んで六円」というなど。飛び

16 写真などで、明る部分階調失われ真っ白になる。→白飛び

[可能] とべる


飛ぶ

読み方:とぶ

  1. 値段がどんどんあがること。〔株式

分類 相場

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

飛翔

(飛ぶ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/16 01:20 UTC 版)

飛翔(ひしょう、: flight フライト)あるいは飛行(ひこう)とは、空中を進むこと、空中を移動することである。


  1. ^ 広辞苑 第五版「飛行」
  2. ^ 広辞苑 第五版「飛翔」
  3. ^ ナショナルジオグラフィック ニュース
  4. ^ ユッタ・シュトレーター-ベンダー『天使 ― 浮揚と飛行の共同幻想』 青土社、1996
  5. ^ da Vinci, Leonardo (1505). Codex on the Flight of Birds. Turin: Biblioteca Reale.
  6. ^ [1]
  7. ^ “大陸間を休まず飛行できた巨大翼竜”. ナショナルジオグラフィック. (2010-19018). https://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/3273/ 2020年7月12日閲覧。 
  8. ^ ピーター・スティーヴンス『自然のパターン・形の生成原理』金子 務 訳、白揚社、1987年、34頁
  9. ^ dictionary.com
  10. ^ 例えばReg Grantの書 Flight, Dorling Kindersley, 2010 が、コンコルドの最終飛行やコロンビア号やチャレンジャー号の事故も特に挙げている。
  11. ^ 『徹底図解 戦闘機のしくみ』 新星出版社 2008年10月5日 p.42
  12. ^ CNET「UAEのドバイ、自律飛行“空中タクシー”の試験運行を2017年第4四半期に開始」
  13. ^ CNET「ボーイング、最大積載量200kg超のドローンを試作--4対の二重反転ローターで飛行」
  14. ^ TECHCRUNCH「見よ、Ehangの有人ドローンが実際に飛ぶところを
  15. ^ [2]
  16. ^ [3]
  17. ^ Youtubeの検索画面でOpener BlackFly, Jetson, SkyDriveなどのキーワードを入力すれば多数表示される。
  18. ^ マリンスポーツ「フライボード」中の男性溺死 香川産経WEST(2018年8月26日)2018年9月6日閲覧。


「飛翔」の続きの解説一覧

飛ぶ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:51 UTC 版)

ソープランド」の記事における「飛ぶ」の解説

コンパニオン男性従業員無断で店を辞めること。大概は店の雰囲気ついていけない者が多く取る行動だが、中にはソープ嬢従業員からのいじめ、パワーハラスメントモラルハラスメントによって、これを選ぶ者も少なからずいる。ひどい場合には店主導で成績の悪い、または嫌われコンパニオン従業員給与払わなくてすむように無断退店追い込む例もあり、その場合は飛ばしと呼ぶソープランドに限らず性風俗水商売全体で浸透している用語だが、場合によっては一般企業でも用いられる

※この「飛ぶ」の解説は、「ソープランド」の解説の一部です。
「飛ぶ」を含む「ソープランド」の記事については、「ソープランド」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「飛ぶ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

飛ぶ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 13:21 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. とぶを参照

「飛ぶ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

飛ぶのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



飛ぶのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飛翔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのソープランド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの飛ぶ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS