フェアトレードとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > フェアトレードの意味・解説 

フェアトレード

英語:fair trade

後進国社会的弱者といった相対的に立場の弱い取引相手に対して不当に安い価格取引を強いることなく、対等立場公正な取引を行うこと。公正取引、公平貿易公正貿易などとも訳される。

フェアトレード

フェアトレード

 日本世界でも有数チョコレート消費国。業界団体日本チョコレート・ココア協会によると、最近は高級輸入品人気定着したそうです2月14日バレンタインデー近づく東京銀座専門店には一粒1000円もする高級輸入チョコ求めて行列できます

 ところでチョコ原材料であるカカオ豆産地でどんなことが行われているか、ご存じですかカカオ豆最大輸出国のコートジボワールカカオ農園には“奴隷”として働く子どもが15000人いるというユニセフ報告ありますチョコレート一度も口にしたことがない子どもたちが、先進国欲求満たすため、タダ同然で働かされているのです。

 こうした生産者支援目的に、買い取り価格保証するのがフェアトレード(公正貿易)です。買い取り価格保証するということは最終商品価格一定部分上乗せされることになりますこのため大手菓子メーカーチョコレート比べると、多少値段高めになりますが、生産者公正貿易通じて得た収入で、教育医療を受けられるようになります

 この仕組みを使って生産したチョコレート輸入販売するフェアトレードカンパニー株式会社東京都世田谷区)の胤お子さんは、「最近考え方共感して購入される方が増えています」と話す。徐々にですが、消費者意識変化しているようです。フェアトレードの仕組みを使って生産輸入販売されている商品には、チョコレートのほかに、コーヒー生活雑貨装飾品衣料フルーツなどがあります。現在、取引関わる開発途上国58カ国以上にのぼり、600万人超える生産者その家族が恩恵を受けています。



(掲載日:2007/06/11)

公正取引

(フェアトレード から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/17 19:50 UTC 版)

公正取引(こうせいとりひき、: fair trade: commerce équitable西: comercio justoフェアトレード公平貿易)とは、発展途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することを通じ、立場の弱い途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指す運動である。オルタナティブ・トレード(alternative trade)とも言う。連帯経済の一翼を担う活動でもある。「公正取引」という表現は政府との関係がある組織(例:公正取引委員会)にも使われているので、誤解対策のために「適正な報酬での取引」という交代表現も使われている。




  1. ^ a b c d e f エヴァン・D・G・フレイザー、アンドリュー・リマス著、藤井美佐子訳『食糧の帝国:食物が決定づけた文明の勃興と崩壊』太田出版、2013年。ISBN 9784778313586、pp.246-256.
  2. ^ a b “フェアトレードの問題点”. ジャパンフェアトレードセンター. (2011年2月5日). http://www.fairtradecenter.org/problems.htm 2013年7月28日閲覧。 
  3. ^ a b “フェアトレードと企業の社会的責任”. 社団法人部落解放・人権研究所. (2007年12月12日). http://blhrri.org/info/koza/koza_0157.htm 2013年7月28日閲覧。 


「公正取引」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フェアトレード」の関連用語

フェアトレードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フェアトレードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2020 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公正取引 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS