TOKYO_No.1_SOUL_SETとは? わかりやすく解説

TOKYO No.1 SOUL SET

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/27 14:04 UTC 版)

TOKYO No.1 SOUL SET(トーキョーナンバーワンソウルセット)は、日本ヒップホップバンド1990年代初めに結成。インディーズのナツメグ・レーベルから数枚作品をリリースした後、1994年江戸屋レコード(BMG)よりメジャーデビュー。


  1. ^ 渡辺俊美とちはるが離婚、17年間の結婚生活に幕”. natalie (2010年12月26日). 2015年2月3日閲覧。
  2. ^ ソウルセット渡辺俊美、18歳年下女性と再婚”. ORICON STYLE (2013年12月6日). 2015年2月3日閲覧。
  3. ^ 8月18日無事に可愛い女の子が産まれました!”. Twitter (2014年8月22日). 2017年8月8日閲覧。
  4. ^ 娘と息子”. Twitter (2017年6月14日). 2017年8月8日閲覧。
  5. ^ 渡辺俊美による「お弁当エッセイ」発売”. OTOTOY (2014年4月30日). 2015年2月3日閲覧。
  6. ^ 作品詳細『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』作画:荒井ママレ 原作:渡辺俊美”. 小学館の新青年コミック誌「ヒバナ」公式サイト. 小学館. 2015年3月7日閲覧。
  7. ^ 渡辺俊美と息子を結んだ愛情弁当エッセイ、NHKドラマ化”. 音楽ナタリー (2015年2月3日). 2015年2月3日閲覧。
  8. ^ “紅白出場アーティストが打ち明ける俳優初挑戦【1】弁当は思いやりのパッケージ”. デイリースポーツ (神戸新聞社). (2017年8月30日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/08/30/0010507232.shtml 2018年1月29日閲覧。 
  9. ^ ゆでたまご、THE BLUE HEARTSのコラボアルバムでメンバー描き下ろし” (2015年12月10日). 2015年12月10日閲覧。
  10. ^ MEGA PLAY&POWER PUSHバックナンバー|82.5 FM NORTH WAVE



TOKYO No.1 SOUL SET

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 06:38 UTC 版)

電気グルーヴ」の記事における「TOKYO No.1 SOUL SET」の解説

渡辺俊美(G.Vo.)、BIKKE(MC.Vo.)、川辺ヒロシ(Turntable)からなるユニット電気との関係は、電気グルーヴ×スチャダラパーでの活動経た以降石野川辺によるInKなど盛んだが、それ以前にも1990年代よりSOUL SETメンバー雑誌インタビュー等電気対すリスペクト表明していた。また、石野も『オールナイトニッポン』での浅草キッドとのサイコロトークの中で、「いま気になる女性タレント」として渡辺の妻であったタレントのちはるの名を挙げたり、ソウルセットの曲「ヤード」を自身連載で大絶賛していた。また、石野川辺ともに番組開始当初NHKポップジャム』にて、「DJ」と称して変な神輿のような高いところにあるブースひとりぼっち置き去り&さらし者にされたという苦い経験を持つ。

※この「TOKYO No.1 SOUL SET」の解説は、「電気グルーヴ」の解説の一部です。
「TOKYO No.1 SOUL SET」を含む「電気グルーヴ」の記事については、「電気グルーヴ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「TOKYO_No.1_SOUL_SET」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「TOKYO NO.1 SOUL SET」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「TOKYO_No.1_SOUL_SET」の関連用語

TOKYO_No.1_SOUL_SETのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



TOKYO_No.1_SOUL_SETのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTOKYO No.1 SOUL SET (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの電気グルーヴ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS