キングギドラ_(ヒップホップグループ)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > キングギドラ_(ヒップホップグループ)の意味・解説 

キングギドラ (ヒップホップグループ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/09 01:29 UTC 版)

キングギドラは、日本のヒップホップグループ。


  1. ^ a b 日本語ラップの金字塔!キングギドラ『空からの力』20周年”. TOWER RECORDS ONLINE (2015年4月6日). 2015年6月3日閲覧。
  2. ^ プロフィール【キングギドラ】”. Sony Music. 2015年6月3日閲覧。
  3. ^ K DUB SHINE、チャリティー・ライヴのためにキングギドラ復活を宣言”. TOWER RECORDS ONLINE (2011年3月18日). 2015年6月1日閲覧。
  4. ^ “(2ページ目)ラップ・ミュージックと反ホモフォビアの現在 フランク・オーシャンからキングギドラまで”. Real Sound (株式会社blueprint). (2015年5月10日). https://realsound.jp/2015/05/post-3198_2.html/amp 2021年6月12日閲覧。 
  5. ^ 「キングギドラ」ラップ曲が差別表現で発売中止”. SANSPO.COM. 株式会社産業経済新聞社. 2002年4月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月30日閲覧。
  6. ^ キングギドラのCD回収、出荷停止”. OOPS (2002年4月19日). 2013年12月21日閲覧。
  7. ^ “その“格好良さ”はあくまで“ストリート”の視点に基づいたもの”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2002年4月26日). https://www.barks.jp/news/?id=52278725 2021年6月12日閲覧。 
  8. ^ 映画 凶気の桜”. allcinema. 2015年6月1日閲覧。
  9. ^ キングギドラ、少年院で慰問ライブ ツアーも検討”. SANSPO.COM. 株式会社産業経済新聞社. 2002年10月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年8月30日閲覧。
  10. ^ キングギドラ、2タイトル同時発売(Listen Japan)”. Yahoo!ミュージック. ヤフー株式会社. 2003年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年10月11日閲覧。
  11. ^ RHYMESTER KING OF STAGE Vol.7~メイドインジャパン at 日本武道館~”. Sony Music Shop. 2015年6月3日閲覧。
  12. ^ “K DUB SHINE、チャリティー・ライヴのためにキングギドラ復活を宣言”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード株式会社). (2011年3月18日). https://tower.jp/article/news/2011/03/18/76473 2022年10月14日閲覧。 
  13. ^ a b c KGDRことキングギドラ、原発批判曲で復活&ワンマン決定”. ナタリー (2011年6月8日). 2015年6月1日閲覧。
  14. ^ a b キングギドラ改めKGDRの新曲“アポカリプス ナウ”がついに配信開始。7月24日にはチャリティ・ライヴ開催決定!”. Amebreak (2011年6月9日). 2015年6月1日閲覧。
  15. ^ Amebreak News 2011年6月9日
  16. ^ AIR JAM 2011 @ 横浜スタジアム”. RO69. 2015年6月1日閲覧。
  17. ^ Zeebra (1/3) Power Push”. ナタリー. 2015年6月1日閲覧。
  18. ^ “Zeebra、K DUB SHINE & DJ OASIS(from KGDR)とANARCHYがツアー帯同”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2012年2月5日). https://www.barks.jp/news/?id=1000076776 2021年9月17日閲覧。 
  19. ^ ZeebraOfficialの投稿(10151145612374531) - Facebook
  20. ^ 12月27日(土)@川崎CLUB CITTA'で開催される『核MIX』MCバトル出場者が発表”. Amebreak (2014年12月23日). 2015年6月1日閲覧。
  21. ^ キングギドラ「空からの力」20周年ライブで「一生ヒップホップ辞めない」”. ナタリー (2015年5月30日). 2015年6月1日閲覧。
  22. ^ P-VINE 40th ANNIVERSARY - 2015.05.23 LIQUIDROOM”. LIQUIDROOM. 2015年6月3日閲覧。
  23. ^ Kダブシャイン『Kダブシャイン、独占インタビュー【前編】 「秋までにアルバム、それ以降はキングギドラで動き出したい」』(インタビュー)、【ABEMA TIMES】、2016年4月27日https://times.abema.tv/articles/-/756963?mobileapp=12021年6月6日閲覧 
  24. ^ “SOUL SCREAM新曲にRHYMESTER、Zeebra、Kダブシャイン、DJ OASISが集結”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2022年3月18日). https://natalie.mu/music/news/470091 2022年4月19日閲覧。 
  25. ^ “ついに!伝説的ヒップホップグループ「キングギドラ」がサブスク解禁!Zeebra「お待たせしました!」”. スポニチ Sponichi Annex (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2022年10月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/10/21/kiji/20221021s00041000310000c.html?=1 2022年11月2日閲覧。 
  26. ^ “キングギドラが「THE FIRST TAKE」に登場、「UNSTOPPABLE」披露”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2022年10月28日). https://www.barks.jp/news/?id=1000226198 2022年11月2日閲覧。 
  27. ^ “キングギドラがSUGIZOとコラボ、「THE FIRST TAKE」で20年ぶり新曲披露”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2022年11月9日). https://www.barks.jp/news/?id=1000226611 2022年11月10日閲覧。 
  28. ^ “キングギドラが新曲「Raising Hell」を本日リリース。ジャケットのアートワークはPERIMETRON”. EYESCREAM (株式会社スペースシャワーネットワーク). (2022年11月11日). https://eyescream.jp/music/124224/ 2022年11月13日閲覧。 
  29. ^ “キングギドラが事前予告なく2作同時配信、「真実のウイルス」MV公開このあとすぐ”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2023年7月28日). https://natalie.mu/music/news/534726 2023年7月28日閲覧。 
  30. ^ 公式サイトトップページより。
  31. ^ ZEEBRA 東宝への「キングギドラ」名称使用許諾取得を語る”. 2022年12月25日閲覧。
  32. ^ KING GIDDRA『空からの力』20周年記念スペシャル・ドキュメンタリー EP1 - YouTube


「キングギドラ (ヒップホップグループ)」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  
  •  キングギドラ_(ヒップホップグループ)のページへのリンク

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キングギドラ_(ヒップホップグループ)」の関連用語

キングギドラ_(ヒップホップグループ)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キングギドラ_(ヒップホップグループ)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキングギドラ (ヒップホップグループ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS