ECD_(ミュージシャン)とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ECD_(ミュージシャン)の意味・解説 

ECD (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/05 20:34 UTC 版)

ECD(イーシーディー、本名:石田義則、1960年3月29日 - 2018年1月24日[4])は、日本ヒップホップミュージシャン。妻は写真家の植本一子[5]


  1. ^ ECD『テン・イヤーズ・アフター』(P-Vine)”. クッキーシーン (2010年6月11日). 2013年10月1日閲覧。
  2. ^ a b ECD - 3月26日〜4月9日 - 「ECDの休日」Vol.5”. PUBLIC-IMAGE.ORG (2010年4月13日). 2013年10月1日閲覧。
  3. ^ a b c ECD インタビュー”. Musicity (2012年4月17日). 2013年10月1日閲覧。
  4. ^ a b ECDさん死去 57歳 日本語ラップの先駆者”. ORICON NEWS (2018年1月25日). 2018年1月25日閲覧。
  5. ^ ECDの妻、植本一子の家計簿ブログ「働けECD」書籍化”. 音楽ナタリー (2011年8月9日). 2013年10月1日閲覧。
  6. ^ a b c d e 地引雄一×ECD『NO NEW YORK 1984-91』公開記念トークイベント「あのシーンはもう一度作ろうとしても絶対に無理なんだ」”. webDICE (2009年5月20日). 2017年9月22日閲覧。
  7. ^ ECDの進行性癌との闘病ドキュメンタリー「がんばれECD」が公開”. Spincoaster (2017年2月1日). 2017年9月23日閲覧。
  8. ^ 日本語ラップ先駆者ECDに年内にも第一子誕生”. ORICON NEWS (2008年4月18日). 2013年10月1日閲覧。
  9. ^ ECD 選挙演説に乱入しゲリラライブ決行”. 音楽ナタリー (2007年4月18日). 2013年10月1日閲覧。
  10. ^ ECDが写真家の植本一子と本日入籍”. 音楽ナタリー (2008年6月4日). 2017年9月22日閲覧。
  11. ^ ECD、アジカン ゴッチ、山本太郎ら、首相官邸前で「原発再稼働反対!」抗議の叫び”. BMR (2012年4月23日). 2013年10月1日閲覧。
  12. ^ ノーモア原子力発電所! ECDが反原発ソングYouTubeで公開”. 音楽ナタリー (2011年4月18日). 2013年10月1日閲覧。
  13. ^ ECDニューアルバム『Don't worry be daddy』は、極太ビート&赤裸々な日常描写”. CINRA.NET (2012年2月3日). 2013年10月1日閲覧。
  14. ^ a b ECD|INTERVIEW”. Amebreak (2013年4月18日). 2013年10月1日閲覧。
  15. ^ “ECDが進行性がんを告白”. 音楽ナタリー. (2016年9月9日). https://natalie.mu/music/news/201277 2016年9月9日閲覧。 
  16. ^ これがECDの地層、「21世紀のECD」集めたベスト盤”. 音楽ナタリー (2017年1月24日). 2017年9月22日閲覧。


「ECD (ミュージシャン)」の続きの解説一覧

「ECD (ミュージシャン)」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ECD_(ミュージシャン)」の関連用語

ECD_(ミュージシャン)のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ECD_(ミュージシャン)のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのECD (ミュージシャン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS