るいとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 土木 > 土手 > るいの意味・解説 

ルイ【Louis】

読み方:るい

フランス国王の名。

[一]9世)[1214~1270]在位1226~1270。諸侯の反乱抑えて王権拡大ソルボンヌ神学校創設第7回第8回十字軍参加しチュニス病没。聖ルイ。聖王

[二]11世)[14231483在位1461~1483シャルル7世の子諸侯力を抑えるとともに王領拡大し絶対王政基礎確立した駅逓創設

[三]13世)[1601~1643]在位1610~1643。アンリ4世の子1624年宰相リシュリュー登用貴族プロテスタント勢力抑圧しブルボン王朝基礎固めた正義王。

[四]14世)[1638~1715]在位1643~1715。[三]の子宰相マザラン死後親政コルベール登用して財政再建し重商主義政策推進、しばしば対外戦争起こして植民地拡大する一方文化面でも学芸奨励ベルサイユ宮殿建設などを行いブルボン王朝最盛期現出した。「朕は国家なり」という言葉を残した典型的な絶対主義君主太陽王

[五]15世)[1710~1774]在位1715~1774。[四]曽孫七年戦争敗れ、インド・カナダの植民地失い財政窮乏招いた

[六]16世)[1754~1793]在位1774~1792。[五]の孫。チュルゴー・ネッケルらを登用財政再建努めた成功せず三部会召集強要され、それを機にフランス革命勃発国外逃亡失敗して王権停止され国民公会から「国民への敵対行為」の罪に問われ処刑された。

[七]18世)[1755~1824]在位1814~1824。[六]の弟。フランス革命亡命しナポレオン失脚後王政復古即位王党派行きすぎ反動抑え貴族市民階級対立緩和図った


ルイ【Ruwi】


るい【塁〔壘〕】

読み方:るい

常用漢字] [音]ルイ(呉)(漢) [訓]とりで

土などを積み重ねて防御とした陣地。とりで。「塁壁堅塁孤塁城塁土塁堡塁(ほうるい)」

野球で、ベース。「塁審一塁残塁出塁走塁盗塁満塁

名のり]かさ・たか


るい【塁】

読み方:るい

土を積み重ねてつくった構築物。とりで。「―を守る」

野球で、走者得点するために順に通過し触れなければならない地点一塁二塁三塁本塁四つがある。ベース。「―に出る」「―を盗む」


るい【涙】

読み方:るい

常用漢字] [音]ルイ(呉)(漢) [訓]なみだ

[一]ルイ〉なみだ。「涙腺暗涙感涙血涙催涙声涙熱涙落涙

[二]〈なみだ〉「涙雨涙声空涙

[補説] 「泪」は異体字


るい【累】

読み方:るい

常用漢字] [音]ルイ(呉)(漢)

次々とつながり重なる。つみ重ねる。「累加累計累日累積累代累卵累累

回を重ねて。しきりに。「累次累進

かかわり合いになる。足手まとい。「係累俗累煩累連累

名のり]たか


るい【累】

読み方:るい

他から受ける災い巻き添え。迷惑。「一族に―が及ぶ」「将来に―を及ぼす」


るい【×誄】

読み方:るい

[音]ルイ(呉)(漢) [訓]しのびごと

死者弔い生前業績などたたえる言葉。「誄歌誄詩誄文


るい【×誄】

読み方:るい

死者生前功徳たたえて、その死を悲しむこと。また、その文章しのびごと誄詞


るい【類】

読み方:るい

[音]ルイ(呉)(漢) [訓]たぐい

学習漢字4年

互いに似た性質まとめられるものの集まり。たぐい。「類別衣類魚類穀類種類書類生類(しょうるい)・親類人類鳥類党類糖類同類部類・分類」

似ている似たもの。「類義類型類似類書類例類人猿比類無類

同じ目にあうまきぞえを食う。「類火類焼

名のりとも・なし・よし


るい【類】

読み方:るい

互いに似ていること同じ種類ものであること。また、そのもの。「ビタミンの―が欠乏する」「―を異(こと)にする」「古今に―を見ない出来事

生物の分類上の綱(こう)・目(もく)などに相当するひとまとまり。「哺乳―」「霊長―」

類概念」の略。

一族一門親類

「厳(いか)めしく―ひろく、むすめがちにて」〈源・須磨


るい


小坂洋二

(るい から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 23:55 UTC 版)

小坂 洋二(こさか ようじ、1948年10月19日 - ) は、日本の音楽プロデューサー


  1. ^ a b c d e 集英社刊「EPICソニーとその時代」スージー鈴木著p.210より。


「小坂洋二」の続きの解説一覧

るい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 22:46 UTC 版)

くるねこ」の記事における「るい」の解説

保護時の前はお銀」。サバシロトビの雌の東京都里親宅に縁付く

※この「るい」の解説は、「くるねこ」の解説の一部です。
「るい」を含む「くるねこ」の記事については、「くるねこ」の概要を参照ください。


るい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 00:43 UTC 版)

るいは智を呼ぶ」の記事における「るい」の解説

才能身体能力の向上でシンプルに腕力や走る速さが増す能力

※この「るい」の解説は、「るいは智を呼ぶ」の解説の一部です。
「るい」を含む「るいは智を呼ぶ」の記事については、「るいは智を呼ぶ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「るい」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「るい」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



るいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「るい」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

るいのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



るいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小坂洋二 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのくるねこ (改訂履歴)、るいは智を呼ぶ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS