差し掛けとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 差し掛けの意味・解説 

さし‐かけ【差(し)掛け/指(し)掛け】

上に覆いかけること。

母屋から差し出してつくった片流れ屋根

指し掛け将棋で、勝負つかないとき、後日指し継ぐことにして一時休止すること。

平安時代四位下の者用いた、革製黒漆塗り浅沓(あさぐつ)。

差し掛け/指し掛けの画像
差し掛け(2)

さし‐かけ【差掛・指掛】

〔名〕

陰になるように上におおいかけること。また、そのもの

俳諧毛吹草(1638)五「軒口さしかけ家桜安明〉」

母屋(おもや)にかけた庇(ひさし)を長くさし出し、その下を利用できるようにした小屋下屋(げや)。差掛小屋

史記抄(1477)一一本に家にも不居して廬と云て別にさしかけをして居るぞ」

中古四位以下の官人がはいた、黒漆塗りの革の浅沓(あさぐつ)。鼻切(はなきれ)。

蜻蛉(974頃)中「のらんとする舟の、さしかけのかたへばかりにみくだされたるぞ」

④ (指掛将棋で、その場勝負をつけず、後日指し継ぐことにして休止する制度。現在は、専門棋士対局二日制のタイトル戦用いられる。

浄瑠璃山崎与次兵衛寿の門松(1718)中「昨日さしかけ将棋勝負付けましょ」


差し掛け

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

差し掛け

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「差し掛け」の関連用語

差し掛けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



差し掛けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS