正親町家とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 実業家 > 貴族 > 公家 > 正親町家の意味・解説 

正親町家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/04 05:50 UTC 版)

正親町家(おおぎまちけ)は羽林家家格を有する公家藤原北家閑院流[1]洞院家支流。本家である洞院家は室町期に断絶したが、清華クラスの家柄であった。江戸時代の家禄は355石。明治維新後、華族令施行により伯爵




  1. ^ 庭田重保の2男。
  2. ^ 公梁の子とも。
  3. ^ 中山兼親の3男とも。
[ヘルプ]
  1. ^ 太田亮 1934, p. 1124.
  2. ^ 桃崎有一郎『中世京都の空間構造と礼節体系』思文閣出版2010年 P474・486 - 487


「正親町家」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「正親町家」の関連用語

正親町家のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



正親町家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの正親町家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS