梅溪家とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 梅溪家の意味・解説 

梅溪家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/05 08:11 UTC 版)

梅溪家(うめたにけ)は、村上源氏久我流公家である。家格羽林家江戸時代前期の左近衛中将久我通世の子・季通を祖とする。江戸時代石高は150石[1]。3代通条の女・幸子は、将軍徳川家重の側室となり将軍徳川家治の生母となった至心院明治維新後は、9代通善が子爵に叙せられた。12代通虎貴族院子爵議員を務めた。通虎の三女・保子は華道家の池坊専永の夫人となり衆議院議員当選5回の政治家[2]




  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)梅溪
  2. ^ 梅溪家(羽林家) (日本語)
  3. ^ 大徳寺 諸堂 塔頭 - FC2
  4. ^ 六条有言の次男。
  5. ^ 松平家晃の次男。10代通治の実子である通昌の外孫。


「梅溪家」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「梅溪家」の関連用語

1
72% |||||

2
30% |||||

3
12% |||||

4
12% |||||

5
12% |||||

6
12% |||||

7
12% |||||

8
12% |||||

9
12% |||||

10
12% |||||

梅溪家のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



梅溪家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの梅溪家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS