町尻家とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 町尻家の意味・解説 

町尻家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/31 14:16 UTC 版)

町尻家(まちがみ[1]/まちじり[注 1] け)は藤原北家水無瀬流公家である。権中納言水無瀬兼俊の次男具英を祖とする。家格羽林家江戸時代の石高は御蔵米30石[1]。水無瀬兼俊の舅にあたる戦国大名福島正則開基の妙心寺海福院が菩提寺明治維新後は、量衡子爵に叙せられた。




注釈

  1. ^ 「町尻」は堂上家本家の家名としては「まちがみ」が正しいが、明治以降になると「まちじり」とする者も散見するようになる。

出典

  1. ^ a b 公卿類別譜(公家の歴史)町尻
  2. ^ 吉田良延の次男
  3. ^ 豊岡治資の六男
  4. ^ 壬生基修の四男
  5. ^ 野間省一の妻


「町尻家」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「町尻家」の関連用語

町尻家のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



町尻家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの町尻家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS