希硫酸とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 硫酸 > 希硫酸の意味・解説 

き りゅうさん -りうさん [0][2] 【希硫酸・稀硫酸】

比較低濃度硫酸水溶液。普通は濃度約一モル(二規定)あるいはそれ以下のもの。

硫酸

(希硫酸 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/18 11:04 UTC 版)

硫酸(りゅうさん、: sulfuric acid)は、化学式 H2SO4 で示される無色、酸性の液体で硫黄オキソ酸の一種である。古くは緑礬油(りょくばんゆ)とも呼ばれた。化学薬品として最も大量に生産されている。




  1. ^ a b c d 田中元治 『基礎化学選書8 酸と塩基』 裳華房、1971年
  2. ^ a b D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982)
  3. ^ M.J.Jorgentson, D.R. Hatter, J. Am. Chem. Soc., vol.85,878(1963).
  4. ^ a b シャロー 『溶液内の化学反応と平衡』 藤永太一郎、佐藤昌憲訳、丸善、1975年
  5. ^ a b F.A. コットン, G. ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年, 原書:F. ALBERT COTTON and GEOFFREY WILKINSON, Cotton and Wilkinson ADVANCED INORGANIC CHEMISTRY A COMPREHENSIVE TEXT Fourth Edition, INTERSCIENCE, 1980.
  6. ^ Greenwood, Norman N.; Earnshaw, A. (1997). Chemistry of the Elements, 2nd Edition, Oxford: Butterworth-Heinemann.
  7. ^ 湯川泰秀訳 『ストライトウィーザー有機化学解説(1)(第4版)』 広川書店、1995年
  8. ^ 国立天文台編『理科年表 平成25年』 p.388、丸善
  9. ^ 『造幣局百年史(資料編)』 大蔵省造幣局、1971年
  10. ^ https://www.shokubai.org/senior/News62.pdf 触媒懇談会ニュース No. 62 触媒学会シニア懇談会 January 1, 2014。2017年12月3日 閲覧 (PDF)
  11. ^ https://www.mes.co.jp/mes_technology/research/pdf/200_08.pdf 三井造船技報 No. 200(2010-6)。2017年12月3日 閲覧 (PDF)
  12. ^ 経済産業省生産動態統計年報 化学工業統計編
  13. ^ a b 化学大辞典編集委員会 『化学大辞典』 共立出版、1993年
  14. ^ M. S. Schmøkel, S. Cenedese, J. Overgaard, M. R. V. Jørgensen, Y.-S. Chen, C. Gatti, D. Stalke and B. B. Iversen, Inorg. Chem., 51, 8607 (2012).
  15. ^ E. B. Robertson and H. B. Dunford, J. Am. Chem. Soc., 86, 5080 (1964).





希硫酸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「希硫酸」の関連用語

希硫酸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



希硫酸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの硫酸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS