あめとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > > あめの意味・解説 

読み方:てん・あめ

天【てん】とは

「天」とは、「上空」や「上方」を意味する語であり、あるいは「世界」や「世界司るもの」のような形而上的な概念を指す意味で用いられる語。天空天気天井天災天然天命天変地異等々のように様々な熟語に用いられる。「天」の字だけ単独で用いられることも多い。

漢字の「天」の平な字画は、上方下方より長くする。「人」の画角てっぺん突き出さないように書く。

「天」の対義語は「地」

多く場合、「天」は「地」と対比され、「天地」で一対として扱われることが多い。

「天」は「上空上方天界」を意味し、「地」は「地面下方地界この世)」を意味する。たとえば製本分野では、本の上方を「天」をいい、下方を「地」という。

物流におけるコンテナ段ボール箱などでも、上方の面を天(天面)といい、下方の面は地ではなく底(底面)という場合が多い。「天地上下)を逆さまにしてはいけない」という意味で「天地無用」という表現がよく使われる。

天の音読み・訓読み

「天」の字は基本的には「てん」と読む。「てん」は音読みである。「天」単独でも、天井」のように漢字2字からなる語の場合も、現代ではほとんどの場合「てん」と読まれる。

「天」は訓読みでは「あめ」もしくは「あま」と読まれる。訓読み語彙古語多く見いだされる。現代語にも「天の川あまのがわ)」のような例はあるが、音読みの「てん」に比べるとかなり少ない。

天の字を含む語

「上空」の意味

「空模様」の意味

「上方」の意味

「自然・自然的」の意味

「世界」の意味

「天界・天上界」の意味


あめ【天】

地(つち)に対して、空。

「み園生(そのふ)の百木散る花し—に飛び上がり降りけむ」〈・三九〇六〉

天にあって神や天人の住む所。天上界

かばかり守る所に—の人にも負けむや」〈竹取〉


あめ【雨】

大気中の水蒸気冷えができ、雲の中成長した水滴地上落ちてくる現象また、その水滴氷晶を含むから降る冷たい雨のほか、熱帯地方などの氷晶含まないから降る暖かい雨もある。「雨が上がる

雨の降る日雨天。「明日は雨らしい」

絶え間なく降り注ぐ、または、落ちてくるもののたとえ。「涙の雨」「爆弾の雨」「血の雨降らせる

[補説] 書名別項。→雨


あめ【雨】

原題Rainモーム短編小説南洋小島上陸した宣教師が、降り続く雨の中理性崩壊させていくさまを描く。1921年刊行短編集木の葉のそよぎ」に収録


あめ【×飴】

もち米サツマイモなどのでんぷん麦芽や酸の作用によって糖化させた、粘りけのある甘い食品。また広く砂糖を煮つめて香料着色料などを加えて固めキャンディー含めていう。


あめ【×鯇】

アマゴの別名。


編め

読み方:あめ

マ行五段活用動詞「編む」の命令形

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

あめ

方言 意味
あめ 味が薄い、、飴、あまい


あめ

単語 発音 意味、用例 関連語
あめ あめ 【形】 味が薄い。「しょっぺ」の反対
甘い場合は「あまこい」を使う
しょっぺ
あまこい

»仙台弁の発音についてはこちら

読み方:あめ

  1. 詐欺賭博其他にて相手乗気にさす為に勝負故意負ける事。又甘言を以て人を欺罔する事を云ふ。斯様な事を「あめをくわす」〔関東地方〕、「あめをねぶらす」と云ふ。〔関西地方
  2. 詐欺賭博その他に相手乗気にさせるために勝負故意負けること。②甘言をもって欺罔すること。このようなことを「あめをくわす」〔関東〕、「あめをねぶらす」〔関西〕。

分類 関東関西

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
あめ

(あめ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 18:43 UTC 版)

(あめ)は、イモ類、コーンスターチやその他穀類などの作物由来デンプンを糖化して作った甘い菓子(主成分は麦芽糖、次いでブドウ糖)、および、砂糖やその他糖類を加熱して熔融した後、冷却して固形状にしたキャンディなどを指す[1]。固形の飴を固飴(かたあめ)、粘液状の飴を水飴(みずあめ)と呼び、大別する[1][2]


  1. ^ a b 、和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典、コトバンク、2012年9月7日閲覧。
  2. ^ 大辞林 第三版『固飴』 - コトバンク、2012年9月7日閲覧。
  3. ^ a b デジタル大辞泉、コトバンク、2012年9月7日閲覧。
  4. ^ 『これは重宝漢字に強くなる本』十三版 編集:佐藤一郎、浅野通有 出版:株式会社光文書院 1979/06/15発行/十三版発行/発行者:長谷川凱久 印刷:日本デザイン工房、開成印刷、製本:小泉製本、高田紙器 全622頁622頁
  5. ^ 石村眞一編著『自家製味噌のすすめ ―日本の食文化再生に向けて―』雄山閣、2009年、123・125ページ。ISBN 9784639020714
  6. ^ 佐久市志編纂委員会編纂『佐久市志 民俗編 下』佐久市志刊行会発行、1990年、1338 - 1339ページ。
  7. ^ “食品の窒息事故防止、検討始まる こんにゃくゼリー”. 47NEWS (共同通信社). (2010年3月24日). http://www.47news.jp/CN/201003/CN2010032401000708.html 2010年4月20日閲覧。 
  8. ^ こんにゃく入りゼリー等食品による窒息事故に係るリスク評価に関連する情報 (PDF)”. 食品安全委員会 (2010年1月15日). 2010年4月20日閲覧。
    小林未来 (2010年1月14日). “こんにゃくゼリー「事故頻度、アメと同等」 食品安全委”. 朝日新聞 朝刊13版 (朝日新聞社): p. 29面. http://www.asahi.com/national/update/0113/TKY201001130387.html 2010年4月20日閲覧。 


「飴」の続きの解説一覧

あめ

出典:『Wiktionary』 (2020/05/06 10:28 UTC 版)

Wiktionary:漢字索引 音訓 あ#あめ

「天」・「」は複合語形成する際に「あま」に変化することがある

名詞:天

あめ

  1. 上方
  2. (語義1を受け)神等の形而上存在が住む世界
  3. (語義2を受け)神等の形而上存在

語源

抽象的・高尚 < 単語家族 > 具体的・卑俗
< amë < ama+i < ama < amma ⇔ ömmö > 天の下 > 幼児語おんも

翻訳

関連語

名詞:雨

あめ 前置する場合変化形:あま、後置する場合変化形:さめ】

  1. 広範囲わたって空からが滴状になって落ちてくる天候又はその落ちてくる水滴
  2. 途切れず流れ続けたり降り続けることのたとえ

発音

複合語

関連語

翻訳

名詞:飴

あめ

  1. 口に含み溶かし食べる固形又は粘性強い液状菓子デンプン質を糖化することにより作られる

発音

翻訳

名詞:鯇

あめ【鯇】

  1. サケ科淡水魚甘子の別名。

名詞:豆汁

あめ【灝,

  1. 大豆煮汁

動詞

あめ

  1. 「あむ」の仮定形
  2. 「あむ」の命令形

名詞:天

あめ

  1. 天上そら

対義語

  • つち

名詞:雨

あめ

  1. 気象)あめ。
  2. なみだ

発音

二拍名詞五類

あ↗め↘ぇ










※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



あめと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あめ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

あめのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あめのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
津軽語辞典津軽語辞典
Copyright (C) 2021. All rights reserved.
仙台名取弁仙台名取弁
Copyright (C) 2021 konnok All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの飴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのあめ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS