聖書からとは? わかりやすく解説

聖書から

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 14:44 UTC 版)

バト・シェバ」の記事における「聖書から」の解説

バト・シェバ」という名前はヘブライ語で「シェバの娘」または「誓いの娘」を意味する。名前の第2の部分は、旧約聖書歴代誌・上・第3章5節では「shua (Bath-shua)」となっている。 バト・シェバはエリアム(歴代誌・上・第3章5節ではアミエル (Ammiel) と呼ばれている。)の娘である(サムエル記・下第11章3節)。彼女の父親一部学者によってサムエル記・下・第23章34節にギロアヒトフェル (Ahitophel) の子エリアムとして登場する人物同一視されている。 バト・シェバヒッタイト人ウリヤの妻であったが、後にダビデの妻となり、ダビデの跡を継いでイスラエル王国の王となったソロモン産んだダビデバト・シェバ言い寄る物語サムエル記・下第11章言及され歴代誌では省略されている。物語ダビデ王宮屋上散歩している時、水浴中のウリヤの妻バト・シェバ目を留めた事を伝えている。ダビデはすぐに彼女を呼び寄せ、関係を持ち妊娠させた。 ダビデ自らの罪を隠そうとし、ウリヤを妻バト・シェバ性交させ、子供自分のものだと考えること期待してウリヤ戦闘中の軍から呼び戻したウリヤ戦闘中の兵士律する古来よりの習わしに背く事を望まず、自宅ベッドで寝るよりも王宮兵士たちと共に滞在する事を選んだウリヤ自身バト・シェバ妊娠させたと信じ込ませようとする試みが不首尾に終わった後、王は彼の将軍ヨアブ (Joab) にウリヤ激戦最中見捨て敵陣置き去りにするよう命令与えた皮肉にもダビデウリヤ彼自身の死を命ず書状を持って行かせた。ウリヤ死後ダビデ未亡人となったバト・シェバを妻に迎えたサムエル記によると、主はダビデ行動怒り、王を叱責するために預言者ナタン遣わせた。預言者貧し隣人から1匹の小羊奪った金持ち寓話話し不正な行為に対する王の激しい怒り起こさせた後、これをダビデバト・シェバに対する行為例えたサムエル記・下第12章1-6節)。王はすぐに自らの罪を懺悔して心から悔悟表明したダビデバト・シェバの子供は重病罹り出生後わずか数日他界した。王はこれを自らに対する罰として受け入れたナタンまた、ダビデの家が姦淫謀殺のために呪われ不安定になっている事に気付いていた。数年後ダビデ寵愛し息子1人アブサロム反乱起こし王国内戦状態陥れたナタン預言通り新しい王である事を明確に示すため、アブサロム人前で父の側室のうちの10人と性交をした。これは他の男性の妻を奪い取ったダビデ行為に対して、神が与えた10倍の罰と見なす事ができる。 ダビデ老年期バト・シェバ生存するダビデ最年長息子アドニヤ英語版)の代わりに女の息子ソロモン王位継承確実なものとした。(列王記・上第1章11-31節)。

※この「聖書から」の解説は、「バト・シェバ」の解説の一部です。
「聖書から」を含む「バト・シェバ」の記事については、「バト・シェバ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「聖書から」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「聖書から」の関連用語

聖書からのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



聖書からのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバト・シェバ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS