ムッシュかまやつとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > ムッシュかまやつの意味・解説 

かまやつひろし

(ムッシュかまやつ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/11 21:08 UTC 版)

かまやつ ひろし / ムッシュかまやつ(本名:釜萢 弘(かまやつ ひろし)、1939年1月12日 - 2017年3月1日[1])は、日本ミュージシャン。通称「ムッシュ」。「ザ・スパイダース」の元メンバーでもある。1989年以降は、ミュージシャンとしては「ムッシュかまやつ」が正式な活動名である。東京府(現・東京都)出身。血液型B型




注釈

  1. ^ 山口隆対談集『叱り叱られ』(幻冬舎 2008.2)にある、かまやつとの対談によると、「キース・ジャレットが世界で1番目、ボクが2番目、ポール・マッカートニーが3番目」と発言している。
  2. ^ 「我が良き友よ」のB面、1990年代に入ってから再評価を受けている。
  3. ^ 作詞は漫画の原作者園山俊二。実際のオリジナル歌手はちのはじめ(若子内悦郎の変名)だが、かまやつもセルフカバーしている。
  4. ^ 当時AOKIのCMソングとして使用されていたため。

出典

  1. ^ ミュージシャンのムッシュかまやつさんが死去 78歳 テレ朝ニュース 2017年3月2日
  2. ^ a b c d “ムッシュかまやつさん死去 Jポップ開拓 78歳 膵がんで”. 中日スポーツ (中日新聞社). (2017年3月3日). オリジナル2017年3月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170303113740/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2017030302000167.html 2017年3月3日閲覧。 
  3. ^ a b 檻の中の野郎たち Movie Walker
  4. ^ a b c d e 村田久夫・小島智編 「かまやつひろしインタビュー」『日本のポピュラー史を語る―時代を映した51人の証言』 シンコーミュージック1999年10月14日、35-39頁。ISBN 4-401-613-40-6
  5. ^ a b c d e 「生誕70周年・特別企画 ムッシュかまやつインタビュー」『ROCKS OFF Vol.07』 シンコーミュージック・エンタテイメント、2009 SPRING、99-103頁。
  6. ^ 永井良和 『南沙織がいたころ』 朝日新聞出版2011年、135-136頁。ISBN 978-4-02-273416-7
  7. ^ 『吉田拓郎読本』 音楽出版社2008年、50、80頁。ISBN 978-4-86171-041-4
  8. ^ a b c “(もういちど流行歌)「我が良き友よ」かまやつひろし ミスマッチがよかった?”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2016年8月27日). オリジナル2016年8月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160827075719/http://www.asahi.com/articles/DA3S12527614.html 2017年3月3日閲覧。 ムッシュかまやつさん死去、78歳 「我が良き友よ」が大ヒット、ザ・スパイダース元メンバー”. ハフィントン・ポスト (2017年3月3日). 2017年3月3日閲覧。
  9. ^ a b 先輩格のかまやつひろしのために吉田拓郎が書いてくれた「我が良き友よ」”. TAP the POP (2016年4月1日). 2017年3月3日閲覧。
  10. ^ 「我が良き友よ」のムッシュかまやつさん死去”. 東洋経済オンライン (2017年2月3日). 2017年3月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年3月3日閲覧。“「上はハイカラでも下は蛮殻(ばんから)なんだから」…”. 西日本新聞 (西日本新聞社). (2017年3月3日). オリジナル2017年3月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170303121541/http://www.nishinippon.co.jp/nnp/syunzyu/article/311930 2017年3月3日閲覧。 “曲が売れるほどに音楽仲間から「…”. 山陽新聞デジタル (山陽新聞社). (2017年3月3日). オリジナル2017年3月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170303124904/http://www.sanyonews.jp/article/495956/1/ 2017年3月3日閲覧。 
  11. ^ レイジーのDVD『LAZY LIVE 2002 "EARTH ARK II" 〜regenerate of a lasting worth〜』(2003年、ランティス)の映像特典「Legend of LAZY」での本人のコメントより
  12. ^ KenKen×ムッシュかまやつ×山岸竜之介がプロジェクト開始”. ナタリー (2013年7月18日). 2015年12月28日閲覧。
  13. ^ “ムッシュかまやつ 肝臓がん公表「絶対復活するから心配しないでください」”. スポニチアネックス. (2016年9月6日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/09/06/kiji/K20160906013305800.html 2016年9月6日閲覧。 
  14. ^ “ムッシュかまやつ、がん公表後初公の場…堺正章と「サマー・ガール」熱唱”. スポーツ報知. (2016年12月9日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161208-OHT1T50248.html 2017年3月7日閲覧。 
  15. ^ ムッシュかまやつさん死去 昨年肝臓がん公表、78歳” (2017年3月2日). 2017年3月2日閲覧。
  16. ^ かまやつ太郎兵衛の2018年4月28日のTwitterより
  17. ^ カーグラフィック 2009年10月号
  18. ^ 『ムッシュ!』(日経BP社 2002.9)p56
  19. ^ はなまるマーケット 2009年2月27日
  20. ^ “【評伝】日本ポップス進化の立役者…ムッシュかまやつさん死去”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年3月3日). オリジナル2017年3月3日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/T07Lv 2017年3月3日閲覧。 
  21. ^ “THE ALFEE 40周年で語る出会い、デビュー、下積み時代【THE ALFEE】”. 女性自身. (2014年7月7日). http://jisin.jp/news/2640/7403/ 2014年10月9日閲覧。 


「かまやつひろし」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ムッシュかまやつ」の関連用語

ムッシュかまやつのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ムッシュかまやつのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのかまやつひろし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS