ノドンとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > ノドンの意味・解説 

【ノドン】(のどん)

Nodong

北朝鮮軍開発配備している準中距離弾道ミサイル
スカッドベース1980年から開発開始され、1990年から実戦配備開始
2009年現在、150320基が配備されているといわれている。
テポドン」と同じく「ノドン」はアメリカ付けコードネームで、北朝鮮側では「木星」と呼ぶ。

ミサイルは単弾頭式でペイロードは約1t~1.2t、CEPについては諸説あるが190m~3,000mで、発射母体改修MAZ 543 TEL地下サイロ使用する。
射程は約1,000~1,300kmと言われ、誘導方式スカッドと同様、ジャイロコンパスを用いた慣性誘導方式採用していると思われる

イランパキスタンにも輸出されており、イランではシャハブIIIShahab-3)、パキスタンではガウリII(Ghauri-2)と呼ばれて生産配備されている。

スペックデータ

全長:16.0m
直径:1.32m
翼幅:2.58m
発射重量16,250kg
射程:1,350km(ペイロード1,200kg時)/1,500km(ペイロード700kg時)
命中精度190~3,000m CEP
推進方式:1段式液体燃料ロケットモーター
エンジンスカッドエンジン4基をクラスターにして使用
推力:約50,000kgf
燃焼時間95
ペイロード:単弾頭700~1,200kg)
弾頭通常弾頭(HE)、化学神経ガス)・生物弾頭クラスター弾頭(小弾(5kg)100発)または核弾頭(50kT)
誘導方式慣性誘導
誘導装置ジャイロコンパス3基を1組にした慣性誘導装置スカッドBと同様)


ノドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/17 02:34 UTC 版)

ノドンは北朝鮮が開発した準中距離弾道ミサイル (MRBM)。「蘆洞/노동」とはこのミサイルが確認された地名のソウル方言による発音から西側がつけたコードネームであり、北朝鮮では「火星7号」と呼称される。北朝鮮は自国の弾道ミサイルに「火星」の呼称を使用しており、スカッドBを「火星5号」、スカッドCを「火星6号」、ムスダンを「火星10号」と呼称している[1]。日本の一部マスコミは当初「労働」という字を当てていたが、これは朝鮮語において「蘆洞」と「勞動」が同音(ソウル方言: 노동、平壌方言: 로동)であることからの誤解である。




  1. ^ ムスダンの名称は「火星10」北朝鮮が初言及”. 朝鮮日報 (2016年6月23日). 2016年6月23日閲覧。
  2. ^ 「日本の原発51基をミサイル攻撃すれば」06年核実験に対する朝鮮労働党内部講演録音(日本関連部分) 統一日報 2009/06/12
  3. ^ “北朝鮮の核威力は広島原子爆弾の3倍=独研究所”. 聯合ニュース. (2013年2月14日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2013/02/14/0300000000AJP20130214001100882.HTML 
  4. ^ http://blog.livedoor.jp/wien2006/archives/52021440.html
  5. ^ <北核実験>爆発力評価、韓米ロ7キロトンvs独40キロトン 中央日報(2013年2月15日)
  6. ^ “Pakistan May Have Aided North Korea A-Test”. The New York Times. (2004年2月27日). http://www.nytimes.com/2004/02/27/world/pakistan-may-have-aided-north-korea-a-test.html 
  7. ^ “北朝鮮 核実験強行の可能性とその戦略”. NHKワールドWave. (2012年5月17日). オリジナル2013年12月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131202224840/http://www.nhk.or.jp/worldwave/marugoto/2012/05/0517m.html 
  8. ^ ISIS報告書8P参照
  9. ^ “小型核兵器の設計図が密売ルートに流出か、国連元査察官が警告”. AFP BB. (2008年6月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/2406137?pid=3041667 
  10. ^ “いよいよ目前か、北朝鮮が核弾頭をミサイルに搭載する日”. 日本ビジネスプレス. (2012年2月22日). http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/34585 
  11. ^ 核実験は失敗か 小型化過程の一環か”. 原水爆禁止日本国民会議 (2006年11月10日). 2017年1月19日閲覧。
  12. ^ “タイトル不明”. 読売新聞. http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080115-899562/news/20080701-OYT1T00615.htm [リンク切れ]
  13. ^ 日本国際問題研究所の論文P7参照
  14. ^ AFPニュースサイト
  15. ^ これらをノドン用の弾頭にしている可能性は否定できないが、弾道ミサイルに生物化学兵器を常時搭載した例は旧ソ連の大陸間弾道ミサイルであるR-36 (ミサイル)があるものの、一般的であるとは言えない。弾頭の再突入の際の熱エネルギーで無力化されるという主張が一部で見られるものの、ノドンに関しては元々が生物化学兵器の運用も考えられていたR-17 (ミサイル)の拡大版であり、耐熱シールドも当然ミサイル構造体の一部であるため、明らかな誤りである。


「ノドン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ノドン」に関係したコラム

  • FXやCFDのドンチャンチャネル幅とは

    FXやCFDのドンチャンチャネル幅(Donchian Channel Width)とは、ある期間の高値から安値を引いた価格の推移を示すオシレーター系のテクニカル指標のことです。ドンチャンチャネル幅は、...

  • FXやCFDのドンチャンチャネルとは

    FXやCFDのドンチャンチャネル(Donchian Channel)とは、ある期間の高値と安値の推移を線で描画したものです。高値の線をハイバンド、安値の線をローバンドということがあります。例えば、下の...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ノドン」の関連用語

ノドンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ノドンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノドン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS