岡戸武平とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 探偵作家事典 > 岡戸武平の意味・解説 

岡戸武平(おかと・ぶへい)

1897年(明30)、愛知県生まれ
大阪時事新報記者時代には江戸川乱歩同僚だった。結核のため新聞記者を辞め、全治後、小酒井不木助手となり、「闘病記」の執筆手伝う。また、耽綺社では、岩田準一とともに書記務める。その後博文館入社し、「新青年」「文芸倶楽部」の編集従事
1929年(昭4)、「小酒井不木全集」の編集携わる
1929年(昭4)、「新青年」に「五体の積木」を発表
1932年(昭7)、森下雨村退社同時期に博文館退社
1932年(昭7)、江戸川乱歩の「蠢く触手」の代作をつとめる。また、鉄仮面」を代訳。
1935年(昭10)、業績全般により第1回直木賞候補となる。
1947年(昭22)、「東都探偵小説クラブ」を結成
1960年(昭35)、愛知県より文化功労者として表彰
1986年(昭61)、死去



岡戸武平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/12 07:52 UTC 版)

岡戸武平(おかど ぶへい、1897年12月31日 - 1986年8月31日)は、日本の小説家ノンフィクション作家




「岡戸武平」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「岡戸武平」の関連用語

岡戸武平のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



岡戸武平のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの岡戸武平 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS