ホイシュレッケとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 武器・装備 > 兵器 > 自走砲 > ホイシュレッケの意味・解説 

ホイシュレッケ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/18 09:58 UTC 版)

ホイシュレッケ 10(Heuschrecke 10)とは1943年から1944年にかけ、ドイツクルップ・グルゾン社によって開発された試作自走砲および兵装運搬車の名称である。本車の制式名称は105 mm leichte Feldhaubitze 18/1 L/28 auf Waffenträger Geschützwagen IVbで、製造はドイツのマクデブルクで行われることとされた。このホイシュレッケは搭載・卸下が可能な砲塔を装備し、降ろした砲塔トーチカとして用いられる他、砲兵部隊の装備として車両の後方に取り付け、牽引できた。


  1. ^ a b "Heuschrecke 10 (EoWoWWII)". The Encyclopedia of Weapons of World War II. Vol. 1. Sterling Publishing Company, Inc. p. 540. ISBN 1-58663-762-2 {{cite encyclopedia}}: |access-date=を指定する場合、|url=も指定してください。 (説明); |accessdate=の日付が不正です。 (説明)
  2. ^ a b c d e f g Achtung Panzer! Heuschrecke 10”. 2007年11月24日閲覧。
  3. ^ New Vanguard 28 Panzerkampfwagen Iv Medium Tank 1936-45, Osprey Publishing
  4. ^ a b c d Panzerkampfwagen IV Medium Tank 1936–1945. Osprey Publishing. 1999. ISBN 1-85532-843-7
  5. ^ Panther Variants, 1942-45. Osprey Publishing. 1997. ISBN 1-85532-476-8
  6. ^ Achtung Panzer! - Heinz Guderian”. 2008年2月26日閲覧。
  7. ^ Achtung Panzer - Pz4”. 2008年2月23日閲覧。
  8. ^ ホイシュレッケ(Heuschrecke ドイツ語でバッタ)という名前は、このクレーンを展開するとバッタの脚のような形になることが由来とされている。
  9. ^ Selbstfahrlafette "Heuschrecke"” (German). 2007年12月7日閲覧。
  10. ^ FA museum adds foreign artillery pieces


「ホイシュレッケ」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホイシュレッケ」の関連用語

ホイシュレッケのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ホイシュレッケのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホイシュレッケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS