豊崎由里絵とは?

Weblio 辞書 > 人名 > タレントデータベース > 豊崎由里絵の意味・解説 

豊崎 由里絵

豊崎由里絵の画像 豊崎由里絵の画像
芸名豊崎 由里絵
芸名フリガナとよさき ゆりえ
性別女性
生年月日1988/5/9
星座おうし座
干支辰年
URLhttps://www.amuse.co.jp/artist/A8945
プロフィール1988年5月9日生まれフリーアナウンサー主な出演作は、フジテレビネプリーグ』、毎日放送ごぶごぶ』、日本テレビ踊る!さんま御殿!!』など他多数。趣味は、旅行デパコス巡り読書海外ドラマ鑑賞
代表作品1年2020
代表作品1フジテレビネプリーグ
代表作品2年2020
代表作品2毎日放送ごぶごぶ
代表作品3年2020
代表作品3日本テレビ踊る!さんま御殿!!
職種タレント俳優女優
資格・免許保育士/書道特待生
趣味・特技旅行/デパコス巡り/読書/海外ドラマ鑑賞

» タレントデータバンクはこちら

豊崎由里絵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 01:34 UTC 版)

豊崎 由里絵(とよさき ゆりえ、1988年5月9日 - )は、アミューズに所属するフリーアナウンサーで、元・毎日放送(MBS)アナウンサー。




  1. ^ a b c d MBS豊崎由里絵アナ落ち着いて初仕事(『日刊スポーツ2013年7月18日付記事)
  2. ^ a b c MBS新人豊崎アナ ラジオで初鳴き(『デイリースポーツ2013年7月19日付記事)
  3. ^ a b 『ゆりんとんポスト』2014年5月26日付記事「郷の音スプリングフェスタ♪ 」を参照
  4. ^ a b ゲストとして出演した『メッセンジャーあいはらのパララジオ』第23回(2020年8月26日からYouTube上のあいはら公式チャンネルから配信)
  5. ^ 豊崎が司会を務めた「ニュー・イヤー・コンサート2017」(2017年1月2日にオリックス劇場で開かれた関西フィルハーモニー管弦楽団神戸市混声合唱団などの合同コンサート)パンフレット内のプロフィールを参照
  6. ^ a b c d e f g MBS人事ポータルサイト2015 アナウンサー室:豊崎由里絵アーカイブ)を参照
  7. ^ TBSアナウンススクール公式サイト 内の「2012年内定者」項を参照
  8. ^ 井上が2018年5月21日付で自身のtwitter公式アカウントから発信したツイート を参照
  9. ^ 青山学院大学社会情報学部 卒業生からのメッセージ:第2期生 豊崎 由里絵さん
  10. ^ 2016年度には、『ちちんぷいぷい』で報道系の取材や「リアル世界くん」のリポートを随時担当したため、水曜日に同番組で豊崎と共演することがあった。
  11. ^ 当初は一般職で採用。
  12. ^ a b c d MBS人事ポータルサイト2017 アナウンサー室:豊崎由里絵アーカイブ)を参照
  13. ^ 『ゆりんとんポスト』2013年8月5日付記事「みんなで食べよう!真夏のスイカ開き!」 を参照
  14. ^ 毎日放送アナ3人とも完走(『スポーツニッポン2013年10月28日付記事)。
  15. ^ 2011年第1回大会には吉竹史2012年第2回大会には前田阿希子が出場(いずれもフルマラソン初挑戦で、出場時点で金曜アシスタントを担当)。吉竹は5時間13分34秒、前田は4時間59分30秒でいずれも完走した。豊崎の毎日放送退社翌月(2019年12月1日)に開かれた第9回大会では、この年に入社した清水麻椰(豊崎と同じ兵庫県出身のアナウンサー)が、フルマラソン初挑戦ながら豊崎を上回るタイム(4時間28分30秒)でゴール。ただし、厳密にはこの年にコースが初めて変更されたため、豊崎のタイムは旧コース(第1 - 8回)での最速記録に当たる。
  16. ^ MBS『ちちんぷいぷい』チーム 寬平マラソン参戦!(1)(『サンケイスポーツ2017年2月17日付記事)
  17. ^ a b 『ちちんぷいぷい』チーム、駅伝で激走9位!寛平も脱帽「堪忍な」(『サンケイスポーツ2017年3月13日付記事)
  18. ^ MBSアナブログ 豊崎由里絵アナウンサーオフィシャルブログ2017年7月3日付記事「御報告」(キャッシュ)
  19. ^ MBS豊崎由里絵アナが社内結婚!さんまに怒られた理由とは…(『スポーツニッポン2017年7月3日付記事)
  20. ^ 『痛快!明石家電視台』3代目アシスタントで先輩アナウンサーの武川智美によれば、豊崎の夫は、結婚時点でスポーツ部に所属。武川の夫・市村雅道(『戦え!スポーツ内閣』などのプロデューサー)の部下に当たるという(2017年9月11日放送分の同番組「実際どうなん!?MBSアナウンサー」より)。
  21. ^ a b MBS豊崎由里絵アナが第1子妊娠 「ヤンタン」収録でさんまが発表(『スポーツニッポン2018年8月29日付記事)
  22. ^ MBS豊崎由里絵アナが職場復帰 1月に長男出産 “母の感覚”を「大事に生かしたい」(『スポーツニッポン2019年3月26日付記事)
  23. ^ a b MBS豊崎由里絵アナ、10月末で退社 子育て優先で(『スポーツニッポン2019年9月7日付記事)
  24. ^ さんま 明石家電視台歴代アシスタントから「さんまさんが怖くて…」 MBSアナ22人勢ぞろい(『スポーツニッポン2019年11月22日付記事)
  25. ^ a b MBS退社の豊崎由里絵アナがアミューズで再出発(『日刊スポーツ2020年2月18日付記事)
  26. ^ 「Ameba」が2020年5月度に新規開設したブログの中からBest Rookie Awardを発表 NONSTYLE井上さん、豊崎由里絵さん、イモトアヤコさん、雨宮由乙花(ゆずは)さんが受賞サイバーエージェント2020年6月12日付サービスニュース)
  27. ^ a b YouTubeでご報告があります!”. 豊崎由里絵オフィシャルブログ「とよチャンネル」 (2020年12月12日). 2020年12月12日閲覧。
  28. ^ 家族が増えました!”. 豊崎由里絵オフィシャルブログ「とよチャンネル」 (2021年3月28日). 2021年3月28日閲覧。
  29. ^ YouTube版「とよチャンネル」2021年4月2日付配信動画『【第二子誕生】コロナ禍で立会・面会なしの出産|陣痛から出産まで』
  30. ^ a b 毎日放送アナウンサーページ・豊崎由里絵アナウンサー公式ブログ『ゆりんとんポスト』2013年8月1日付記事 を参照
  31. ^ a b c MBSブログ『アナウンサーが徹底調査 コトノハ図鑑』2019年7月18日付記事「『百合』はなぜ、『百』に『合』という漢字なのか? 意外と知らない『花の名前』の由来をリサーチ」 を参照
  32. ^ MBSアナブログ 豊崎由里絵オフィシャルブログ2017年4月分の記事 を参照
  33. ^ 『ゆりんとんポスト』2015年6月23日付記事「ブレスレット」 を参照
  34. ^ YouTube版『とよチャンネル』2020年5月15日付配信動画「【UberEats】昼も夜も!ウーバーイーツで大好きな物を食べてみた!」
  35. ^ 『ちちんぷいぷい』2016年9月28日(水曜日)放送回「きょうの★印」 を参照。
  36. ^ MBSアナブログ 大吉洋平オフィシャルブログ2017年5月2日付記事「Wrap Up Party」 を参照。
  37. ^ YouTube版『とよチャンネル』2020年4月24日付配信動画「【自家製珈琲】おうちでコーヒー豆挽いてみた!!」
  38. ^ a b 浜田雅功「プレバト!」で共演女子アナの幼少時にびっくり(『デイリースポーツ2017年1月19日付記事)
  39. ^ a b 浜田雅功「飯はチキンラーメンだけ」(『Lmaga.jp2017年1月16日付記事)
  40. ^ 『ゆりんとんポスト』2015年7月24日付記事「ケニア」 を参照
  41. ^ Facebook上のNIFREL公式アカウントへ2015年9月8日に投稿された記事 を参照。開業後は、水槽内の案内板などから閲覧できる解説動画 「ぷいぷい水槽の秘密」 に、案内役として登場している。
  42. ^ 間寛平と同じく、『痛快!明石家電視台』でも共演。
  43. ^ 『ゆりんとんポスト』2013年9月5日付記事「大阪マラソン!」 で紹介。ゴールタイムは、ヨロンマラソンで6時間30分、嬬恋高原キャベツマラソン(ハーフマラソンの部)で2時間45分であった。
  44. ^ MBS『ちちんぷいぷい』チーム、寬平マラソン参戦!(2)(『サンケイスポーツ2017年2月17日付記事)を参照。「週末こんなんどうですか?」のロケ先で、寬平から直々に提案されたという。
  45. ^ MBSアナウンサーページ内の松川の公式ブログ『どこでもヒロコササイズ!』2017年2月17日付記事「目標達成?!」 を参照。寬平からの提案当初は、金曜日のメインパーソナリティなどを務める河田が4区(11km)に出走する予定だった。しかし、大会当日に『ちちんぷいぷい』のロケ企画へ参加することが決まっていたため、4区の走者が広瀬に代わったという。
  46. ^ 『ちちんぷいぷい』2016年9月12日放送回「リアル世界くん」 を参照
  47. ^ 『ちちんぷいぷい』2016年9月7日放送回「リアル世界くん」 を参照
  48. ^ 『ちちんぷいぷい』2016年9月12日放送回「リアル世界くん」スタジオ報告 を参照
  49. ^ 『ちちんぷいぷい』2017年7月12日放送回15:18以降の放送内容 を参照
  50. ^ 国立天文台ハワイ観測所のtwitter公式アカウント「国立天文台 すばる望遠鏡」から2017年7月25日付で発信されたツイート を参照。ちなみに豊崎は、この取材の前に、富士山(標高3,776m)への登頂を経験している。
  51. ^ 当初は「さんまのサプライズ発言」として報道。実際には、『MBSヤングタウン』の前に公開収録を済ませていた『痛快!明石家電視台 実際どうなん!?漁師10人』(2018年9月17日放送分)でのトーク中に、豊崎が懐妊をまだ公表していないことを知ったさんまが、他の番組で豊崎より先に報告することを本人に約束していた。
  52. ^ MBS豊崎由里絵アナ 第1子を妊娠…産休後もアナウンサー業は継続(『デイリースポーツ2017年2月17日付記事)
  53. ^ 豊崎が『ミント!』のアシスタントを降板する前週(2019年9月20日)に大吉が自身のinstagram公式アカウントに投稿したメッセージ を参照
  54. ^ アメーバブログ版『とよチャンネル』2020年6月27日付記事「朝のお勉強タイム」
  55. ^ アメーバブログ版『とよチャンネル』2020年9月1日付記事「幼児食インストラクター」
  56. ^ アメーバブログ版『とよチャンネル』2020年6月22日記事「保活の成功とは。」
  57. ^ フリーアナウンサーとしての初仕事(地元である明石市制施行100周年記念式典の司会)後に自身のinstagram公式アカウントから投稿されたメッセージ を参照
  58. ^ 最終回の収録後に自身のinstagram公式アカウントから投稿されたメッセージ を参照
  59. ^ 豊崎が第2子を懐妊した2020年には、吉田が第2子、竹内が第1子の懐妊を豊崎より前に公表。吉田は、公表後の12月下旬に第2子(長男)を出産した。
  60. ^ アメーバブログ版『とよチャンネル』2020年5月20日付記事「コロナ禍の不妊治療問題。」
  61. ^ YouTube版「とよチャンネル」2020年6月19日付配信動画『【お産のリアル】妊娠から無痛分娩まで、全てお話します!』
  62. ^ アメーバブログ版『とよチャンネル』2021年4月8日付記事「お祝い!」
  63. ^ アメーバブログ版『とよチャンネル』2021年4月24日付記事「夫が新型コロナウイルス感染症に罹患しました」
  64. ^ 豊崎由里絵アナが夫のコロナ感染を報告「隔離した夫の看病をしつつ新生児と2歳児、犬のお世話を」(『東京スポーツ2021年4月25日付記事)
  65. ^ アメーバブログ版『とよチャンネル』2021年4月28日付記事「夫のホテル療養が決まりました!」
  66. ^ アメーバブログ版『とよチャンネル』2021年4月26日付記事「家庭内感染を防げた理由」
  67. ^ 2016年度以降は、『ちちんぷいぷい』の生出演・生中継や他番組の収録を予定していない平日に、早朝から夕方までの時間帯の一部(テレビでは『ひるおび』内「JNNニュース」の関西ローカルパート、ラジオでは主に木曜日 → 金曜日の午前6 - 10時台)でニュースを担当。金曜日に単独で『ちちんぷいぷい』・『VOICE』の生中継やイベントに出演していた時期には、正午前に『ひるおび』内で関西ローカルパートを担当してから、中継やイベントへ向かうことがあった。なお、複数の番組へのレギュラー出演を開始した2014年度以降は宿直勤務(深夜~翌日早朝)の対象から事実上外れていたが、2017年度には週末を中心に不定期で宿直勤務を再開。
  68. ^ イベントへの出演・準備やロケ取材などと重ならない週に出演。それ以外の週には、先輩アナウンサーの上田崇順が、土曜夜間~日曜早朝の宿直勤務の一環として担当することが多かった。ちなみに、2017年9月までは基本として、上田と同じ勤務形態だった前田と交互に担当していた。
  69. ^ 本来は『ちちんぷいぷい』金曜日のスタジオレギュラーで、豊崎の39歳年上。
  70. ^ 2016年8月29日・2017年8月7日放送分(いずれも月曜日で松川の夏季休暇に伴う代演)や、2017年4月14日(金曜日)放送分(前田の休暇に伴う代演)など。
  71. ^ 他のレギュラー番組を収録しない時期に担当。海外での取材中には、本来アシスタントを務める曜日の放送にも、滞在先からの生中継(またはVTR)で出演した。この場合には、他曜日担当のアシスタントが、豊崎に代わって当該曜日のアシスタントを務めていた。
  72. ^ MBS豊崎アナ結婚を生報告(『スポーツニッポン2017年7月5日付記事)
  73. ^ 2017年12月まで北海道放送・南日本放送・宮崎放送との同時ネットパート(15:00前後)、2018年1月から7月までは関西ローカルパート(16時台前半)で毎週放送された後に、2018年8月中旬から関西ローカルパートで隔週放送。
  74. ^ 2018年5月以降は、前月から広瀬と共に天気予報を担当している気象予報士の前田智宏も、「お天気部員」として出演。豊崎の産前産後休暇以降の放送では、「部員」を補充せず、2人で取材とスタジオ進行を分担している。
  75. ^ ただし、辻が参加した第8回大阪マラソン・フルマラソンの部(2018年11月25日開催)でマラソンコースの沿道から辻を応援していたため、放送上は産前産後休暇の前日(同月30日=金曜日)第1部に放送された同マラソンのダイジェストパートにもVTRで出演。
  76. ^ 『ゆりんとんポスト』2013年12月24日付記事「ボイス中継」
  77. ^ 後に『プラチナ映像アワード』『プレバト!!』でも共演
  78. ^ 貴乃花「同じアナウンサーでも…」発言に浜田雅功も苦笑い(『デイリースポーツ2020年8月12日付記事)
  79. ^ 豊崎アナ「電視台」産休で卒業「さんまさん怖くて」(『日刊スポーツ2018年10月19日付記事)
  80. ^ さんまのトンデモ遅刻理由が明らかに 「痛快!明石家電視台」(MBS)の特番に歴代アシスタント集結(『スポーツニッポン2021年3月5日付記事)
  81. ^ 竣工式前日の2015年10月9日(金曜日)にも、『ちちんぷいぷい』向けの生中継で、遠藤彰弘と共にリポートを担当(参考)。
  82. ^ 浜田雅功が優しい素顔を次々に暴露され大困惑「これはアカンで!」(『ライブドアニュース2016年6月22日付記事)
  83. ^ なにわ版ラ・ラ・ランド」(振付稼業air:manのプロデュースによって関西在住のダンサー・視聴者500人が参加した大阪市内での街頭ダンスパフォーマンス企画)において、ライブパートの舞台である大阪城公園からの生中継リポートを担当。『プレバト!!』査定員の1人である假屋崎省吾華道家)が別の生放送企画(毎日放送本社M館1階のオープンスペース「ちゃやまちプラザ」での巨大生け花企画)に参加したことから、浜田とと共に假屋崎の紹介VTRにも登場した。
  84. ^ 「ドリームズ・カム・クルーズ」の初日で当番組の放送日でもあった2016年10月13日(木曜日)には、「ぱしふぃっくびーなす」の乗客に向けた船内イベントとして、夏井と豊崎の出演による「夏井いつきの俳句教室」を開催した。
  85. ^ 国分太一TOKIO)の司会による公開収録企画
  86. ^ 『河田直也&桜井一枝のうきうき土曜リクエスト』公式サイト内「うきうき写真館」2014年7月19日放送分
  87. ^ 第52回ギャラクシー賞で「ネットワーク1・17『20年~大震災と向き合う日々』」がラジオ部門で優秀賞(毎日放送2015年6月2日付プレスリリース)
  88. ^ 事前収録番組のため、9月9日・30日には、同じ時間帯に『報道特集』内の関西ローカル向けニュース・気象情報も担当。
  89. ^ 9月2日・9日放送分には松川、30日放送分の最終回には河田・松川・大吉・井上雅雄と共に出演。
  90. ^ 自身の出演する『痛快!明石家電視台 新春スペシャル』(2017年内に収録)をMBSテレビが13:50 - 15:25に編成していたことに伴う措置で、放送上は当該時間帯にのみ、玉巻がアシスタントを単独で担当。
  91. ^ 新人時代の2013年に、当時アシスタントを務めていた吉竹の代理で、8月11日放送分に初出演。アシスタントが福島に代わってからも、2016年7月24日・8月21日・8月28日、2017年4月9日、2018年4月15日・8月5日・8月26日放送分でアシスタント代理を務めた。
  92. ^ 福島が出演した2017年3月12日放送分に田口万莉、同月19日放送分に三遊亭とむの代役扱いで出演。
  93. ^ レギュラー出演者が全員出演していた2018年10月14日放送分や、福島に代わって辻と一緒に出演した同月21日放送分(いずれも同月6日に収録)が該当。
  94. ^ 日替わりパートナーの1人であるなるみが第1子の産前産後休暇を経て復帰した2016年5月5日(こどもの日・木曜日)放送分、火曜日の進行役で先輩アナウンサーでもある上田悦子が夏期休暇中だった2017年8月1日放送分、上泉の夏季休暇中で藤林温子(隔週金曜日に同コーナーを担当している後輩アナウンサー)がパーソナリティ代理を務めた同年9月15日放送分(『藤林温子のええなぁ!』として同曜日に放送)などが該当。
  95. ^ メッセンジャーあいはらがパートナーを務めた2015年8月11日・2018年8月16日(いずれも木曜日)放送分が該当。2017年にも、『ちちんぷいぷい』の水曜日で共演中の未知やすえがパートナーを務める8月15日(火曜日)放送分でパーソナリティ代理を務めた。
  96. ^ 『ミント!』のアシスタント降板に関して自身のinstagram公式アカウントから投稿されたメッセージ を参照
  97. ^ 1987年からフジテレビ新人アナウンサーのお披露目の場になっていた『FNS27時間テレビ』の放送を休止したことに伴う出演。
  98. ^ 自身のinstagram公式アカウントへ放送の前日(2020年8月23日)に投稿した告知記事 を参照


「豊崎由里絵」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「豊崎由里絵」の関連用語

豊崎由里絵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



豊崎由里絵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2021 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの豊崎由里絵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS