さよなら渓谷とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > さよなら渓谷の意味・解説 

さよなら渓谷

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/02 16:26 UTC 版)

さよなら渓谷』(さよならけいこく)は、吉田修一による日本小説、およびそれを原作とする2013年日本の映画。『週刊新潮』(新潮社)にて2007年7月26日号から同年12月27日号まで連載され、2008年6月に刊行された。


  1. ^ 吉田修一 『さよなら渓谷』|新潮社”. 2013年6月21日閲覧。
  2. ^ 吉田修一 『さよなら渓谷』|新潮社(新潮文庫)”. 2013年6月21日閲覧。
  3. ^ 川口敦子 (2013年6月19日). “【映画評論】腐れ縁にはまっていく男女の心の気色と景色がじわりと立ち上がる”. 映画.com. 2013年6月25日閲覧。
  4. ^ a b c 小松芙未 (2012年10月20日). “真木よう子、7年ぶり単独主演で“最も困難な役”『さよなら渓谷』映画化!”. シネマトゥデイ. http://www.cinematoday.jp/page/N0047025 2013年6月23日閲覧。 
  5. ^ さよなら渓谷 インタビュー eiga.com 2013年7月2日閲覧
  6. ^ a b 中村好伸 (2013年6月19日). “真木よう子、固形物見ると吐くまでに…壮絶撮影明かす”. シネマトゥデイ. 2013年6月23日閲覧。
  7. ^ a b c 名鹿祥史 (2013年6月22日). “真木よう子、壮絶な役に迷いもあった…7年ぶり主演作への思いを吐露”. シネマトゥデイ. 2013年6月23日閲覧。
  8. ^ a b “真木よう子、大森組に信頼「このチームじゃなかったらつぶれていたかも」”. 映画.com. (2013年6月19日). http://eiga.com/news/20130619/10/ 2013年6月23日閲覧。 
  9. ^ a b 真木よう子. 真木よう子さん インタビュー. (インタビュー). 映画「さよなら渓谷」公式サイト.. オリジナルの2013年6月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130712014130/http://sayonarakeikoku.com/ending.html 2010年5月1日閲覧。 
  10. ^ a b c “さよなら渓谷:真木よう子と原作・吉田修一に聞く「あえて自分に戻らないと崩れてしまう」難役”. MANTANWEB. (2013年6月22日). http://mantan-web.jp/2013/06/22/20130622dog00m200040000c.html 2013年6月23日閲覧。 
  11. ^ 椎名林檎×真木よう子、映画「さよなら渓谷」主題歌コラボ - ナタリー”. 2013年6月21日閲覧。
  12. ^ ネタバレはありか、なしか? 真木よう子『さよなら渓谷』で激論 - シネマトゥデイ”. 2013年6月21日閲覧。
  13. ^ a b “真木よう子、「さよなら渓谷」原作者からの“ラブレター”にウルッ”. 映画.com. (2013年6月22日). http://eiga.com/news/20130622/10/ 2013年6月23日閲覧。 
  14. ^ a b 真木よう子主演「さよなら渓谷」3週目も高稼働”. 映画.com (2013年7月11日). 2013年7月12日閲覧。
  15. ^ “モスクワ国際映画祭上映日決定!『さよなら渓谷』真木よう子さん、大森立嗣監督、大西信満さん渡航決定!”. CINEMA TOPICS ONLINE. (2013年6月22日). オリジナル2013年12月7日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131207104034/http://www.cinematopics.com/cinema/news/output.php?news_seq=17782 2013年6月23日閲覧。 
  16. ^ a b “「さよなら渓谷」に審査員特別賞=大森立嗣監督-モスクワ映画祭”. 時事通信. (2013年6月30日). オリジナル2014年2月17日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/gtNo2 2013年6月30日閲覧。 
  17. ^ a b “モスクワ特別賞の主演、真木よう子さん「泣いちゃった」大森監督らが会見”. msn産経ニュース. (2013年6月30日). オリジナル2013年7月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130703185141/http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130630/ent13063010060003-n1.htm 2013年6月30日閲覧。 
  18. ^ 第5回TAMA映画賞”. 第23回映画祭TAMA CINEMA FORUM. 2013年10月14日閲覧。
  19. ^ 市川遥 (2013年10月10日). “真木よう子&吉高由里子が最優秀女優賞!−第5回TAMA映画賞”. シネマトゥデイ. 2014年2月9日閲覧。
  20. ^ “真木よう子、有言実行「主演映画では必ず賞!」…報知映画賞”. スポーツ報知. (2013年11月28日). オリジナル2013年11月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131128061912/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/20130404-476995/news/20131127-OHT1T00270.htm 2013年11月28日閲覧。 
  21. ^ “真木よう子「すてきなご褒美」山路ふみ子映画賞贈呈式”. スポーツ報知. (2013年11月29日). オリジナル2013年11月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131130041543/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20131130-OHT1T00012.htm 2013年11月29日閲覧。 
  22. ^ 2013年日本映画ベストテン”. ヨコハマ映画祭. 2013年12月7日閲覧。
  23. ^ 2013年日本映画個人賞”. 第35回ヨコハマ映画祭. 2013年12月7日閲覧。
  24. ^ “真木よう子レイプ被害…主演賞/映画大賞”. 日刊スポーツ. (2013年12月10日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20131210-1229291.html 2013年12月10日閲覧。 
  25. ^ 第37回日本アカデミー賞優秀作品発表!”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2014年3月7日閲覧。
  26. ^ 真木ようこ主演で監督賞 大森監督「充電したい」/ブルーリボン賞”. サンケイスポーツ. 2014年1月23日閲覧。
  27. ^ 第18回(2013年)日本インターネット映画大賞結果”. 日本インターネット映画大賞運営委員会. 2018年11月20日閲覧。
  28. ^ 2013年度全国映連賞&ベストテンを発表します!”. 全国映連 (2014年2月17日). 2018年11月20日閲覧。


「さよなら渓谷」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さよなら渓谷」の関連用語

さよなら渓谷のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



さよなら渓谷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのさよなら渓谷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS