手をつなぐ子等とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 手をつなぐ子等の意味・解説 

てをつなぐこら【手をつなぐ子等】

読み方:てをつなぐこら

田村一二(いちじ)の小説特異児童教育に取り組む教師の姿を描く。昭和18年1943発表昭和23年1948)、伊丹万作脚本稲垣浩監督により映画化昭和39年(1964)には羽仁進監督によりリメークされた。


手をつなぐ子等

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/17 05:23 UTC 版)

手をつなぐ子等』(てをつなぐこら)は、1944年(昭和19年)に発表された田村一二の児童文学であり[1][2]、それを原作とした1948年(昭和23年)製作・公開、伊丹万作脚本、稲垣浩監督による日本の長篇劇映画である[3][4][5][6][7][8]。同映画は、1964年(昭和39年)に羽仁進が監督し、『手をつなぐ子ら』のタイトルでリメイクされており[9][10][11][12]、これについても本項で詳述する。


  1. ^ 手をつなぐ子等国立国会図書館、2013年1月21日閲覧。
  2. ^ a b c d 手をつなぐ子等(検索結果)、国立国会図書館、2013年1月21日閲覧。
  3. ^ a b c d 手をつなぐ子等日本映画データベース、2013年1月14日閲覧。
  4. ^ a b c d 手をつなぐ子等、日本映画情報システム、文化庁、2013年1月14日閲覧。
  5. ^ a b c d 手をつなぐ子等日本映画製作者連盟、2013年1月14日閲覧。
  6. ^ a b c 手をつなぐ子等東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年1月14日閲覧。
  7. ^ a b c d 手をつなぐ子等KINENOTE, 2013年1月14日閲覧。
  8. ^ a b c 手をつなぐ子等allcinema, 2013年1月14日閲覧。
  9. ^ a b c d 手をつなぐ子ら、日本映画データベース、2013年1月14日閲覧。
  10. ^ a b c d 手をつなぐ子ら、日本映画情報システム、文化庁、2013年1月14日閲覧。
  11. ^ a b c d 手をつなぐ子ら、日本映画製作者連盟、2013年1月14日閲覧。
  12. ^ a b c d 手をつなぐ子ら、KINENOTE, 2013年1月14日閲覧。
  13. ^ 世界大百科事典 第2版『伊丹万作』 - コトバンク、2013年1月14日閲覧。
  14. ^ 伊丹[1961], p.389.
  15. ^ 所蔵映画フィルム検索システム東京国立近代美術館フィルムセンター、2013年1月21日閲覧。


「手をつなぐ子等」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

手をつなぐ子等のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



手をつなぐ子等のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手をつなぐ子等 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS