略奪愛とは?

略奪愛

読み方:りゃくだつあい

恋人のいる相手に対して相手恋人との仲を引き裂いて、自分と恋仲になるように仕向けることを指す表現

略奪愛

原題:
製作国:日本
製作年:1991
配給:東映
スタッフ
監督:梶間俊一 カジマシュンイチ
製作:元村武 モトムラタケシ

大谷晴通 オオタニハルミチ
プロデューサー:見留多佳城 

角田朝雄 ツノダアサオ
原作:松田寛夫 マツダヒロオ

梶間俊一 カジマシュンイチ
脚本:松田寛夫 マツダヒロオ
撮影:木村大作 キムラダイサク
音楽:佐久間正英 サクママサヒデ
主題曲:黒木瞳 クロキヒトミ
美術:桑名忠之 クワナタダユキ
編集:西東清明 サイトウキヨアキ
録音:林鉱一 ハヤシコウイチ
スチール:加藤光男 カトウミツオ
助監督:大津是 オオツ
照明:増川弘邦 
キャスト(役名
黒木瞳 クロキヒトミ (落合妙子
古尾谷雅人 フルオヤマサト (水上康夫)
萬田久子 マンダヒサコ (白石由美)
尾美としのり オミトシノリ (山口博
小川真由美 オガワマユミ (落合君代)
梅宮辰夫 ウメミヤタツオ (白石喜久造)
長江英和 ナガエヒデカズ (斉藤勝行)
きゃんみゆき  (矢沢芳子
西尾知香 ニシオチカ (小林絵里)
柾木良子 マサキリョウコ (ウェイトレス
須賀良 スガリョウ (刑事A)
高崎隆二 タカサキリュウジ (刑事B)
仲塚康介 ナカツカコウスケ (康夫の父
山本緑 ヤマモトミドリ (康夫の母)
高都幸子 タカツユキコ (麗華
美穂由紀 ミホユキ (モナミ
速水典子 ハヤミノリコ (俊恵
解説
一途の愛によって狂気に陥っていく女の姿を描く官能ロマン5年前に京都府下で起きた現実事件モデルに「遺産相続」の松田寛夫脚本執筆監督は「」の梶間俊一撮影は「新・極道の妻たち」の木村大作それぞれ担当
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
意に添わぬ結婚話で母と激し口論の末、故郷飛び出し妙子は、高校時代先輩・由美を頼って上京した。由美の勤め設計事務所インテリアデザイナーの康夫と知り合った妙子は、康夫が由美の婚約者である事を知りながらも、その愛情押さえる事が出来なかった。それによって男声で康夫に怪電話をかける妙子。しかしそれを康夫の同僚山口目撃されてしまい、その翌日から妙子消息はプッツリと途絶えてしまう。三年後、由美と共に幸福な家庭を築いた康夫の前に再び妙子現れ、康夫は以前より数段美しくなった妙子愛欲の罠にはまっていく。だが、康夫の心中には、いつも由美に対すうしろめたさがあり、日を追って妙子が妻以上に妻らしくふるまおうとする思い込み激しさ怖さ感じていた。そして、日に日に異常になっていく妙子は、ついに康夫の家庭へと入り込んでいき、由美に自分と康夫との関係を話すのだった。そんな妙子恐怖感じる由美。しばらくたって帰宅した康夫は異常な雰囲気感じリビングルーム駆け込んだ。そこには幻想の中で康夫の妻になりきっている妙子の姿があり、浴室には無惨に殺された由美の姿があったのだった

略奪愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/17 14:40 UTC 版)

略奪愛(りゃくだつあい)とは、すでに結婚している、もしくは恋人がいる相手の恋仲を引き裂き、自分と恋愛関係に持ち込むこと。




「略奪愛」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「略奪愛」の関連用語

略奪愛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



略奪愛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの略奪愛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS