隠しコマンドとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 隠しコマンドの意味・解説 

かくし‐コマンド【隠しコマンド】

ソフトウエアプログラムコンピューターゲームなどで、マニュアルなどに記載されず、公には知られていないコマンド特定の操作手順。開発段階で、遊び心意図的組み込んだものや、動作検証をするためのものなどがある。チートコード。裏コマンド。→イースターエッグ2


隠しコマンド

読み方かくしコマンド
【英】hidden command, cheat code

隠しコマンドとは、マニュアル記載されていない操作命令などのことである。

隠しコマンドには、多種多様ものがあるユーザーにとっては不要であるが、開発者には動作検証のために必要不可欠なものであったり、開発者遊び心自己表現一種として組み込まれたものだったりする。また、開発者意図しなかった動作不具合)が結果的に隠しコマンドとして表面化することもある。

開発が間に合わずに十分な動作検証が行われていない場合もしくは設計者が満足していないなどの理由により、マニュアルには載っていないが、十分な機能を果たすこともある。この場合には、バージョンアップ時に正式に公開されることがある

イースターエッグは隠しコマンドにより出現することが多くゲーム裏ワザと言われるもの中には広義の隠しコマンドと言えるものもある。

「IT用語辞典バイナリ」の他の用語
ソフトウェア:  プレビュー版  カタログスペック  環境変数  隠しコマンド  環境  コントローラ  クリーンインストール

隠しコマンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/27 20:33 UTC 版)

隠しコマンド(かくしコマンド)とは、コンピュータプログラムに用意されながら、取扱説明書仕様書には記載されないコマンド(命令・操作)である。




「隠しコマンド」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「隠しコマンド」の関連用語

隠しコマンドのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



隠しコマンドのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ隠しコマンドの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの隠しコマンド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS