ジョージ3世とは? わかりやすく解説

ジョージ3世 (イギリス王)

(ジョージ3世 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/02 10:09 UTC 版)

ジョージ3世英語: George III1738年6月4日 - 1820年1月29日)は、ハノーヴァー家第3代目のイギリス国王(在位:1760年10月25日 - 1820年1月29日)。


  1. ^ ジョージ3世がシャーロットと結婚する前の1759年4月17日にクエーカーハンナ・ライトフート英語版と結婚し、少なくとも1人の子供をもうけた、と言われることもある。しかし、ライトフートは1753年にアイザック・アックスフォード(Issac Axford)と結婚しており、ハンナも1759年かそれ以前に死去したので、少なくとも公的に認められる結婚や子供はなかった。「カンバーランドのオリーヴ王女」(Princess Olive of Cumberland)を僭称したオリヴィア・セレス英語版の娘ラヴィニア・リーヴズ英語版は1866年に裁判にかけられたが、このときの裁判員は一致して、リーヴズが提出した結婚証明書は偽造されたものであると判断した[18]
  2. ^ 例えば、ホレス・ウォルポールは回想録でジョージ3世を批判したが、ジョージ3世が即位して間もなくの頃に書かれたウォルポールの手紙ではジョージ3世を擁護した[24]
  3. ^ 当時、税金を支払う必要のあるアメリカ人は最大で年6ペンスを支払うが、イングランドでは平均で25シリング(6ペンスの50倍)だった[37]。1763年時点ではアメリカからの歳入が約1,800ポンドに対し、アメリカにおける軍事支出は22万5千ポンドとされ、1767年には40万ポンドまで上がった[38]
  1. ^ a b c George III”. Official website of the British monarchy. Royal Household. 2016年4月18日閲覧。
  2. ^ Brooke, p. 314; Fraser, p. 277
  3. ^ Butterfield, p. 9
  4. ^ Brooke, p. 269
  5. ^ Hibbert, p. 8
  6. ^ "No. 7712". The London Gazette (英語). 20 June 1738. p. 2.
  7. ^ Brooke, pp. 23–41
  8. ^ Brooke, pp. 42–44, 55
  9. ^ a b c d e f g h i Cannon, John (September 2004). “George III (1738–1820)”. Oxford Dictionary of National Biography (Oxford University Press). http://www.oxforddnb.com/view/article/10540 2008年10月29日閲覧。. (要購読契約)
  10. ^ Sedgwick, pp. ix–x
  11. ^ Hibbert, pp. 3–15
  12. ^ Brooke, pp. 51–52; Hibbert, pp. 24–25
  13. ^ Bullion, John L. (2004). "Augusta , princess of Wales (1719–1772)". Oxford Dictionary of National Biography. Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/46829. Retrieved 17 September 2008 (Subscription required)
  14. ^ Ayling, p. 33
  15. ^ Ayling, p. 54; Brooke, pp. 71–72
  16. ^ Ayling, pp. 36–37; Brooke, p. 49; Hibbert, p. 31
  17. ^ Benjamin, p. 62
  18. ^ Documents relating to the case. The National Archives. Retrieved 14 October 2008.
  19. ^ Ayling, pp. 85–87
  20. ^ Ayling, p. 378; Cannon and Griffiths, p. 518
  21. ^ Watson, p. 549
  22. ^ Brooke, p. 612
  23. ^ Brooke, p. 156; Simms and Riotte, p. 58
  24. ^ Butterfield, pp. 22, 115–117, 129–130
  25. ^ Hibbert, p. 86; Watson, pp. 67–79
  26. ^ The Crown Estate (2004年). “Our history”. 2015年3月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月4日閲覧。
  27. ^ Kelso, Paul (2000年3月6日). “The royal family and the public purse”. The Guardian. https://www.theguardian.com/uk/2000/mar/06/monarchy.princessmargaret 2015年4月4日閲覧。 
  28. ^ Watson, p. 88; this view is also shared by Brooke (see for example p. 99).
  29. ^ Medley, p. 501
  30. ^ Ayling, p. 194; Brooke, pp. xv, 214, 301
  31. ^ Brooke, p. 215
  32. ^ Ayling, p. 195
  33. ^ Ayling, pp. 196–198
  34. ^ Brooke, p. 145; Carretta, pp. 59, 64 ff.; Watson, p. 93
  35. ^ Brooke, pp. 146–147
  36. ^ Watson, pp. 183–184
  37. ^ Cannon and Griffiths, p. 505; Hibbert, p. 122
  38. ^ Cannon and Griffiths, p. 505
  39. ^ Black, p. 82
  40. ^ Watson, pp. 184–185
  41. ^ Ayling, pp. 122–133; Hibbert, pp. 107–109; Watson, pp. 106–111
  42. ^ Ayling, pp. 122–133; Hibbert, pp. 111–113
  43. ^ Ayling, p. 137; Hibbert, p. 124
  44. ^ Ayling, pp. 154–160; Brooke, pp. 147–151
  45. ^ Ayling, pp. 167–168; Hibbert, p. 140
  46. ^ Brooke, p. 260; Fraser, p. 277
  47. ^ Brooke, pp. 272–282; Cannon and Griffiths, p. 498
  48. ^ Hibbert, p. 141
  49. ^ Hibbert, p. 143
  50. ^ Watson, p. 197
  51. ^ Thomas, p. 31
  52. ^ Ayling, p. 121
  53. ^ Carretta, pp. 97, 98, 367
  54. ^ O'Shaughnessy, ch 1
  55. ^ Trevelyan, vol. 1 p. 4
  56. ^ Trevelyan, vol. 1 p. 5
  57. ^ a b Cannon and Griffiths, pp. 510–511
  58. ^ Brooke, p. 183
  59. ^ Brooke, pp. 180–182, 192, 223
  60. ^ Hibbert, pp. 156–157
  61. ^ Ayling, pp. 275–276
  62. ^ Ayling, p. 284
  63. ^ The Oxford Illustrated History of the British Army (1994) p. 129
  64. ^ Brooke, p. 221
  65. ^ U.S. Department of State, Treaty of Paris, 1783, retrieved 5 July 2013
  66. ^ Adams, C.F. (editor) (1850–56), The works of John Adams, second president of the United States, vol. VIII, pp. 255–257, quoted in Ayling, p. 323 and Hibbert, p. 165
  67. ^ e.g. Ayling, p. 281
  68. ^ Hibbert, p. 243; Pares, p. 120
  69. ^ Brooke, pp. 250–251
  70. ^ Watson, pp. 272–279
  71. ^ Brooke, p. 316; Carretta, pp. 262, 297
  72. ^ Brooke, p. 259
  73. ^ Ayling, p. 218
  74. ^ Ayling, p. 220
  75. ^ Ayling, pp. 222–230, 366–376
  76. ^ Röhl, John C. G.; Warren, Martin; Hunt, David (1998). Purple Secret: Genes, "Madness" and the Royal Houses of Europe. London: Bantam Press. ISBN 0-593-04148-8.
  77. ^ Peters, Timothy J.; Wilkinson, D. (2010). “King George III and porphyria: a clinical re-examination of the historical evidence”. History of Psychiatry 21 (1): 3–19. doi:10.1177/0957154X09102616. PMID 21877427. 
  78. ^ Rentoumi, v.; Peters, T.; Conlin, J.; Gerrard, P. (2017). “The acute mania of King George III: A computational linguistic analysis”. PLoS ONE 3 (12). doi:10.1371/journal.pone.0171626. 
  79. ^ Cox, Timothy M.; Jack, N.; Lofthouse, S.; Watling, J.; Haines, J.; Warren, M.J. (2005). “King George III and porphyria: an elemental hypothesis and investigation”. The Lancet 366 (9482): 332–335. doi:10.1016/S0140-6736(05)66991-7. PMID 16039338. 
  80. ^ Ayling, pp. 329–335; Brooke, pp. 322–328; Fraser, pp. 281–282; Hibbert, pp. 262–267
  81. ^ Ayling, pp. 334–343; Brooke, p. 332; Fraser, p. 282
  82. ^ Ayling, pp. 338–342; Hibbert, p. 273
  83. ^ Ayling, p. 345
  84. ^ Ayling, pp. 349–350; Carretta, p. 285; Fraser, p. 282; Hibbert, pp. 301–302; Watson, p. 323
  85. ^ Carretta, p. 275
  86. ^ Ayling, pp. 181–182; Fraser, p. 282
  87. ^ Ayling, pp. 395–396; Watson, pp. 360–377
  88. ^ Ayling, pp. 408–409
  89. ^ a b Weir, p. 286
  90. ^ Ayling, p. 411
  91. ^ Hibbert, p. 313
  92. ^ Ayling, p. 414; Brooke, p. 374; Hibbert, p. 315
  93. ^ Watson, pp. 402–409
  94. ^ Ayling, p. 423
  95. ^ Colley, p. 225
  96. ^ The Times, 27 October 1803, p. 2
  97. ^ Brooke, p. 597
  98. ^ Letter of 30 November 1803, quoted in Wheeler and Broadley, p. xiii
  99. ^ Nelson, Trafalgar, and those who served”. National Archives. 2009年10月31日閲覧。
  100. ^ Pares, p. 139
  101. ^ Ayling, pp. 441–442
  102. ^ Brooke, p. 381; Carretta, p. 340
  103. ^ Hibbert, p. 396
  104. ^ Hibbert, p. 394
  105. ^ Brooke, p. 383; Hibbert, pp. 397–398
  106. ^ Fraser, p. 285; Hibbert, pp. 399–402
  107. ^ Ayling, pp. 453–455; Brooke, pp. 384–385; Hibbert, p. 405
  108. ^ Hibbert, p. 408
  109. ^ Letter from Duke of York to George IV, quoted in Brooke, p. 386
  110. ^ Royal Burials in the Chapel since 1805”. St George's Chapel, Windsor Castle. Dean and Canons of Windsor. 2009年11月9日閲覧。
  111. ^ Brooke, p. 387
  112. ^ Carretta, pp. 92–93, 267–273, 302–305, 317
  113. ^ Watson, pp. 10–11
  114. ^ Brooke, p. 90
  115. ^ Carretta, pp. 99–101, 123–126
  116. ^ Ayling, p. 247
  117. ^ Reitan, p. viii
  118. ^ Reitan, pp. xii–xiii
  119. ^ Macalpine, Ida; Hunter, Richard A. (1991) [1969]. George III and the Mad-Business. Pimlico. ISBN 978-0-7126-5279-7.
  120. ^ Butterfield, p. 152
  121. ^ Brooke, pp. 175–176
  122. ^ The London Gazette consistently refers to the young prince as "His Royal Highness Prince George" "No. 8734". The London Gazette (英語). 5 April 1748. p. 3. "No. 8735". The London Gazette (英語). 9 April 1748. p. 2. "No. 8860". The London Gazette (英語). 20 June 1749. p. 2. "No. 8898". The London Gazette (英語). 31 October 1749. p. 3. "No. 8902". The London Gazette (英語). 17 November 1749. p. 3. "No. 8963". The London Gazette (英語). 16 June 1750. p. 1. "No. 8971". The London Gazette (英語). 14 July 1750. p. 1.
  123. ^ a b Brooke, p. 390
  124. ^ Velde, François (2008年4月19日). “Marks of Cadency in the British Royal Family”. Heraldica. 2009年11月9日閲覧。
  125. ^ See, for example, Berry, William (1810). An introduction to heraldry containing the rudiments of the science. pp. 110–111 
  126. ^ Pinches, John Harvey; Pinches, Rosemary (1974). The Royal Heraldry of England. Heraldry Today. Slough, Buckinghamshire: Hollen Street Press. pp. 215–216. ISBN 0-900455-25-X 
  127. ^ "No. 15324". The London Gazette (英語). 30 December 1800. p. 2.
  128. ^ "No. 17149". The London Gazette (英語). 29 June 1816. p. 1.


「ジョージ3世 (イギリス王)」の続きの解説一覧

ジョージ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 04:16 UTC 版)

ヒ素中毒」の記事における「ジョージ3世」の解説

イギリスのジョージ3世 (1738 - 1820) は在位中、健康問題苦しんだ間欠的に肉体的精神的な発作がおき、そのため公務を休むことも5回あった。彼の精神異常他の身体所見は、遺伝病であるポルフィリン症特徴一致するという説が1969年現れた彼の家系には同じ症状を持つものが何人もいた。その上2004年に王の遺髪分析したところ、高濃度ヒ素検出された。ヒ素この種症状引き起こす医学雑誌ランセット2005年記事 は、ヒ素は王を治療するために投与されアンチモン混入していたのではないかとしている。ヒ素アンチモンは同じ場所に産出することが多い上、当時精製技術ではアンチモンからヒ素取り除くのは困難だった

※この「ジョージ3世」の解説は、「ヒ素中毒」の解説の一部です。
「ジョージ3世」を含む「ヒ素中毒」の記事については、「ヒ素中毒」の概要を参照ください。


ジョージ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 15:33 UTC 版)

女性に対して創設されたイギリス爵位一覧」の記事における「ジョージ3世」の解説

肖像爵位叙爵対象者現況備考出典 ストール女男爵英語版1760年 メアリー・ヒル 1820年廃絶第4ストール男爵エドワード・ストールの娘 チャタム女男爵 1761年 ヘスター・ピット 1835年廃絶首相大ピットの妻 マウント・ステュアート女男爵 1761年 メアリー・ステュアート 現存。(ビュート侯爵) 第3ビュート伯爵ジョン・ステュートの妻 ホランド女男爵 1762年 キャロライン・フォックス 1859年廃絶政治家初代ホランド男爵ヘンリー・フォックスの妻 ランフォード女子爵(英語版(I)サマヒル女男爵(I) 1766年 エリザベス・ロウリー 1796年廃絶。 グランディソン女伯爵英語版(I)ヴィリアーズ女子(I) 1767年 エリザベス・メイソン 1800年廃絶グリニッジ女男爵 1767年 キャロライン・タウンゼンド(英語版1794年廃絶政治家チャールズ・タウンゼンドの妻。 アーデン女子爵(英語版(I) 1770年 キャサリン・パーシヴァル 2011年廃絶。 ハメルドンのハミルトン女男爵 1776年 エリザベス・キャンベル英語版現存。(アーガイル公爵) ドナウモア女男爵(I) 1783年 クリスティアナ・ヒーリー=ハッチンソン英語版現存。(ドナウモア伯爵) ロンフォード女伯爵英語版(I) 1783年 エリザベス・ペケナム 現存コロンのオリエル女男爵英語版(I) 1790年 マーガレッタ・フォレスター 現存。(マセリーン子爵) フェラード女子1797年 ウォーターパーク女男爵(I) 1792年 サラ・キャヴェンディッシュ 現存。 ファーマナ女男爵英語版(I) 1792年 メアリー・ヴァーニー 1810年廃絶バース女男爵英語版1792年 ローラ・パルトニー(英語版1808年廃絶バース伯爵(uk) 1803年 ウィックロー伯爵英語版(I) 1793年 アリス・ハワード(英語版1983年廃絶フッド女子爵(GB) 1795年 スザンナ・フッド 現存。(フッド子爵) キルウォーデン女男爵(I) 1795年 アン・ウォルフ 1830年廃絶クロフトン女男爵英語版(I) 1797年 アン・クロフトン(英語版現存。 夫エドワード・クラフトン(英語版)の功績よるものノーウッド女男爵英語版(I) 1797年 グレイス・トーラー 現存。(ノーブリー伯爵) フレンチ女男爵(I) 1798年 ローズ・フレンチ 現存ダファリン=クランボイ女男爵(I) 1800年 ドーカス・ブラックウッド(英語版現存ヌージェント女男爵英語版(I) 1800年 メアリー・ヌージェント=テンプル=グレンヴィル 1850年廃絶アバークロンビー女男爵英語版)(uk) 1801年 メアリー・アバークロンビー(英語版1924年廃絶サンズ女男爵英語版)(uk) 1802年 メアリー・ヒル(英語版現存。(ダウンシャー侯爵) ニューコメン女子爵(英語版(I) 1803年 シャーロット・ニューコメン(英語版1825年廃絶。 ド・グレイ女伯爵(uk) 1816年 アマベル・ヒューム=キャンベル 1923年廃絶名門ケント伯爵グレイ家の遠縁

※この「ジョージ3世」の解説は、「女性に対して創設されたイギリス爵位一覧」の解説の一部です。
「ジョージ3世」を含む「女性に対して創設されたイギリス爵位一覧」の記事については、「女性に対して創設されたイギリス爵位一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ジョージ3世」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ジョージ3世」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ジョージ3世のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジョージ3世のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジョージ3世 (イギリス王) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヒ素中毒 (改訂履歴)、女性に対して創設されたイギリス爵位一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS