完成前とは? わかりやすく解説

完成前

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 14:20 UTC 版)

徳島駅前再開発ビルアミコビル」の記事における「完成前」の解説

1903年 - 寺島尋常小学校(現 徳島市内町小学校)が、現在の徳島駅前再開発ビルアミコビル敷地徳島市寺島本町西)に移転1963年 - 内町小学校移転し、その跡地再開発ビル建設する計画が、徳島市地元地権者の間で持ち上がった1972年 - 徳島商工会議所まとめた徳島商業近代化計画で、中心市街地駅前地区新町地区2つ核として整備発展させるという「2眼レフ構想」が立てられ駅前西地区再開発現実味帯びてきた。 1976年8月19日 - 内町小学校移転先徳島刑務所から現在地西ノ丸運動場)に変更1977年 - 山本潤造市長再開発事業最重要施策位置付けその後市を中心とした地権者徳島駅西地区市街地再開発準備組合設立1978年4月 - 内町小学校現在地移転8日開校1979年2月23日 - 徳島都市開発株式会社創立総会キーテナント探し地元商業者との折衝が行われた。このときの計画では、ビル地下3階地上15階建て、延べ床面積は90560m2と、現ビルの倍近い規模のものであった。のちの調査地盤軟弱であることが分かり縮小された。なお、キーテナントデパート面積は約20000m2が想定された。 2月27日 - 内町小学校現在地移転1981年内町小学校旧校舎取り壊し4月 - 通り沿い店舗解体開始1982年12月17日 - 徳島駅前再開発ビル上棟式1983年5月19日 - 愛称が「アミコ」に決定

※この「完成前」の解説は、「徳島駅前再開発ビルアミコビル」の解説の一部です。
「完成前」を含む「徳島駅前再開発ビルアミコビル」の記事については、「徳島駅前再開発ビルアミコビル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「完成前」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

完成前のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



完成前のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの徳島駅前再開発ビルアミコビル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS