離散家族とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 親族 > 家族 > 離散家族の意味・解説 

離散家族

読み方:りさんかぞく
別名:南北離散家族
英語:separated family

韓国北朝鮮の2国間で、離れ離れになっている家族のこと。

朝鮮戦争勃発終結により、朝鮮半島38度線で完全に分断され、互いに行き来することが不可能になった。その当時38度線南北離れていた家族は、そのまま再開できずに離れて暮らすことを余儀なくされている。また、戦時中捕虜となったり、あるいは北朝鮮工作により拉致されたことで離散家族となった例もあるとされる

1970年代以降韓国北朝鮮は、南北赤十字会談通じて離散家族の再会に関する協議を行っている。2000年からは離散家族の再会定期的に実施されている。、2006年7月には北朝鮮への経済的支援の問題から離散家族再開一時中断2010年11月実施される予定だった南北赤十字会談延坪島における北朝鮮砲撃事件により無期限延期されている。

離散家族(かくさんかぞく)

朝鮮戦争の後、北と南生き別れ家族

1950年朝鮮戦争の後、家族北と南分断されるという悲劇が生じた。戦争の後、38度線南北朝鮮分断されたが、このときに多くの人が夫と妻兄弟親子生き別れた。朝鮮戦争停戦した後、行き来が禁じられたため、お互いに生死連絡もとれない状態が続いていた。

この離散家族の数は、韓国内で767万人北朝鮮合わせる1000万人にも達する。また南北分断の後、すでに50年経過しており、離散者の多く高齢である。当時20歳で親と離れた人は現在、70歳にもなっている。一刻も早く家族会いたいという思いは特に深刻である。

このように政治的理由生き別れになった人々に対し、1985年、たった一回だけ100人の相互訪問実現したことがあった。今回8月15日相互訪問予定されているが、またもや一回きりにで中断されてしまうのではないか、という危惧声が韓国側では絶えない。

多数の離散家族の要求にこたえるためには相互訪問定例化が不可欠で、南北対話が少し良くなっている今こそ、それが期待されている。

2000年8月15日相互訪問応募したのは韓国側で23000人だった。このうち候補リストに載ったのはたった200人で、実際に訪問できるのは100人である。リスト載る基準として、(1)70歳以上、(2)過去申請回数が多い、(3)夫婦親子など直系家族離散、の3つが挙げられている。

すでに70歳を越す離散者は韓国側だけで265000人もいるということである。

(2000.07.18更新


離散家族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/03 17:15 UTC 版)

離散家族(りさんかぞく)とは、


  1. ^ a b c 南北和解ムードの中で体制を強化する北朝鮮(2) | Joongang Ilbo | 中央日報” (日本語). japanese.joins.com. 2018年8月29日閲覧。
  2. ^ 「金剛山、みすぼらしい」と言う金正恩氏、それは韓国の責任なのか” (日本語). www.donga.com (2019年11月22日). 2019年12月3日閲覧。
  3. ^ “이산가족 상봉 北 주민, ‘충성자금’ 명목 당에 현금 뺏겨”” (朝鮮語). m.chosun.com. 2018年9月13日閲覧。


「離散家族」の続きの解説一覧



離散家族と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「離散家族」の関連用語

離散家族のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



離散家族のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの離散家族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS