キリスト教社会主義とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 思想 > キリスト教社会主義の意味・解説 

キリストきょう‐しゃかいしゅぎ〔‐ケウシヤクワイシユギ〕【キリスト教社会主義】

読み方:きりすときょうしゃかいしゅぎ

キリスト教思想信仰とを基礎とする社会主義19世紀中ごろから、イギリス・ドイツなどで提唱され各国広まった説教による労働者啓蒙職場での協同通じて労働者解放社会改良とを求めた


キリストきょうしゃかいしゅぎ 【キリスト教社会主義】


キリスト教社会主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/06 03:25 UTC 版)

CCTU
カトリック労働者
キリスト教社会主義者
UO · 社会派
カトリック正義と平和協議会




「キリスト教社会主義」の続きの解説一覧

キリスト教社会主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 03:07 UTC 版)

岩井文男」の記事における「キリスト教社会主義」の解説

前掲岩井健作信仰系譜として指摘する社会的キリスト教運動”について、竹中正夫は『日本キリスト教歴史事典』(1988)の項目「キリスト教社会主義」の中で、次のように岩井文男の名前を挙げている。少し長くなる引用する。 ”大正末期から昭和はじめにかけて日本資本主義体制確立されるにつれ、その矛盾批判的に捉える社会運動台頭しキリスト者中に社会主義への関心高まっていった。これには、ふたつの流れがある。(中略もうひとつ流れは、中島重中心とする社会的キリスト教運動で、昭和初め賀川豊彦によって刺激受けた同志社学生教職員たちが、中島中心にして27年同志社労働者ミッション設立農村労働者中にキリスト教根差した実践活動をするとともに教会形成目指し岩井文男中村遥、石田英雄金田弘義らが実践に当り月刊誌社会的キリスト教』(1932-41)を機関誌とした。学生キリスト教運動社会的危機意識かられた抽象性をもって過激になっていったのに対し社会的キリスト教の場合は、キリスト教の信仰根差した地道な社会実践主眼としていたが、神の国社会的共同体関連において批判的検討余地残していた。”

※この「キリスト教社会主義」の解説は、「岩井文男」の解説の一部です。
「キリスト教社会主義」を含む「岩井文男」の記事については、「岩井文男」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「キリスト教社会主義」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



キリスト教社会主義と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キリスト教社会主義」の関連用語

キリスト教社会主義のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キリスト教社会主義のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキリスト教社会主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの岩井文男 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS