危機意識とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 意識 > 危機意識の意味・解説 

きき いしき [3]危機意識

その時代に支配的である価値観秩序などの崩壊を不安のうちに感じとる意識
組織崩壊災害による被害などの危険に対す認識危機感

危機意識

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/10/10 00:36 UTC 版)

危機意識(ききいしき)というのは社会において人間によって持たれる意識の一つ。このような危機意識というのは、社会においての現時点においての支配的な価値観や秩序などが崩壊しそうになった場合に、人間がそのことに対する不安から持たれる意識のことである。また組織などといった自身が所属している場所そのものが危機に瀕した場合にも持たれる意識であり、自身の組織が崩壊しそうになったり、災害が発生したことによる被害からも人間というのは危機意識を持つようになるということである[1]




「危機意識」の続きの解説一覧



危機意識と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「危機意識」の関連用語

危機意識のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



危機意識のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの危機意識 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS