アリエル・シャロンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > アリエル・シャロンの意味・解説 

アリエル・シャロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/27 03:29 UTC 版)

アリエル・シャロンHe-Ariel Sharon.ogg Ariel Sharon[ヘルプ/ファイル]אריאל שרון、生名:アリエル・シャイネルマン、Ariel Scheinermann1928年2月26日 - 2014年1月11日)は、イスラエル政治家軍人。愛称は入植者の父ブルドーザー。子にオムリー、ギラード。


  1. ^ a b c d e f g h i j k “英雄か悪魔か?シャロンという人物”. http://allabout.co.jp/gm/gc/293575/ 2015年5月20日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j 『図説 中東戦争全史』,2003年9月, 学習研究社, ISBN 978-4-05-602911-6
  3. ^ a b c d e f g h i 『歴史群像アーカイブ Vol.14 中東戦争』,2010年6月, 学習研究社, ISBN 978-4-05-605991-5
  4. ^ a b c d 飛奈裕美「中東和平を分断する分離壁――イスラエル・パレスチナ間自治交渉と西岸地区の将来的選択肢―― (PDF) 」 、『イスラーム世界研究 : Kyoto bulletin of Islamic area studies』第3巻第1号、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属イスラーム地域研究センター、2009年7月、 325-347頁、 ISSN 188183232014年1月12日閲覧。
  5. ^ 船津靖『パレスチナ―聖地の紛争』(中公新書)154 - 160ページ。
  6. ^ a b c 池内恵『中東 危機の震源を読む』(新潮選書)101 - 105ページ。
  7. ^ “「テロとの戦い」を政治利用するエルドアンの剛腕”. http://www.newsweekjapan.jp/kawakami/2016/03/post-13_3.php 2016年3月21日閲覧。 
  8. ^ “Sharon will never recover: doctors”. THE AGE. (2010年1月6日). http://www.theage.com.au/world/sharon-will-never-recover-doctors-20100105-ls9c.html 2010年2月20日閲覧。 
  9. ^ “A decisive conclusion is necessary”. Jerusalem Post. (2012年11月18日). http://www.jpost.com/Opinion/Op-Ed-Contributors/A-decisive-conclusion-is-necessary 2014年7月31日閲覧。 
  10. ^ “焦点:地上侵攻の先にある「苦悩」、イスラエルにジレンマ”. ロイター. (2012年11月20日). http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE8AJ03J20121120 2014年7月31日閲覧。 
  11. ^ シャロン元イスラエル首相の容体悪化、脳卒中で8年間昏睡 . 2014年1月4日閲覧 - フランス通信社
  12. ^ a b イスラエルのシャロン元首相死去産経新聞』 2014年1月11日閲覧
  13. ^ イスラエル:シャロン元首相の追悼式に米副大統領らが出席 Bloomberg Japan 2014年1月13日閲覧


「アリエル・シャロン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アリエル・シャロン」の関連用語

アリエル・シャロンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アリエル・シャロンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアリエル・シャロン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS