テレビカメラとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > カメラ > テレビカメラの意味・解説 

ビデオカメラ

(テレビカメラ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 14:49 UTC 版)

ビデオカメラ(video camera)とは、ビデオ動画を撮影するためのカメラ。(ビデオカメラ(カメラヘッド)と録画部(ビデオデッキ)が一体化したものについてはカムコーダも参照。)




「ビデオカメラ」の続きの解説一覧

テレビカメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/30 02:17 UTC 版)

サーベイヤー6号」の記事における「テレビカメラ」の解説

テレビカメラはほぼ5号と同じ構成であったが、カラーフィルター偏向フィルター英語版)に変えられていた。偏向フィルター月面によって散乱した光の直線偏光成分測定し検出するアナライザーとして使われた。 月面着陸後、再着陸の間も含めて1967年11月24日1度目の夜を迎えるまでに29914の画像取得した

※この「テレビカメラ」の解説は、「サーベイヤー6号」の解説の一部です。
「テレビカメラ」を含む「サーベイヤー6号」の記事については、「サーベイヤー6号」の概要を参照ください。


テレビカメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/30 02:23 UTC 版)

サーベイヤー5号」の記事における「テレビカメラ」の解説

テレビカメラはビジコン管、25100mm焦点レンズシャッターカラーフィルターからなり中央の軸から16傾いたに取付けられていた。カメラは鏡の下に取り付けられており、鏡を動かすことで周囲撮影できた。また、カメラ地球からの指令依存して動いていた。方位360度、面法線の+40上からカメラZ軸、さらに-65度下まで撮影できた。600走査線200走査線モード使われた。200走査線モード無指向性アンテナ画像送信し、1フレームあたり61.6秒で走査した完全な画像送信には20秒かかり、1.2kHzの帯域幅使われた。600走査線モード画像指向性アンテナ画像送信し、1フレームあたり3.6秒で走査したビジコンからの画像を読むのに名目1秒を必要とし、220kHzの帯域幅使われた。これらの写真高持蛍光体被せられ低速スキャンモニターで表示された。持続性名目最大フレームレートに最も合うように選ばれたTV識別フレームそれぞれの受信TVフレームごとに受信され受信画像と共にレート対応でリアルタイムで表示された。データ磁器ビデオテープ記録されたデータ磁器ビデオテープ70mmフィルム記録された着陸から1967年9月24日までの月での最初の昼間帯に18006高画質画像送信したその後20日の夜を経てカメラ再起動し、10月15日から10月23日までの間に1048画像送信したそのほか4回目昼まで64画像送信されたが、これらの画質夜間の低温さらされたことによる分解生成物最初の昼間帯にとった写真よりも劣っていた。

※この「テレビカメラ」の解説は、「サーベイヤー5号」の解説の一部です。
「テレビカメラ」を含む「サーベイヤー5号」の記事については、「サーベイヤー5号」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「テレビカメラ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「テレビカメラ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



テレビカメラと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

テレビカメラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



テレビカメラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビデオカメラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサーベイヤー6号 (改訂履歴)、サーベイヤー5号 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS