アクションカメラとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > アクションカメラの意味・解説 

アクションカメラ

別名:ウェアラブルカメラ
【英】action camera

アクションカメラとは、デジタルビデオカメラのうち、衣服乗り物などに装着固定して利用できるカメラのことである。主に野外でのスポーツ走行といった激し動作の中で、スポーツを行っている当人見ている光景を映すために用いられる。

アクションカメラは小型かつ軽量で、衣服ヘルメットなどに装着できる機構装備されている。強靭さ、防水防塵性能なども多くのアクションカメラに搭載されている。2010年以降自分趣味撮影してSNS動画共有サイトなどに投稿するユーザーが増えてきたことが、アクションカメラの市場を広げたと言われている。

アクションカメラの呼称メーカーによりまちまち状況といえる例えば、ソニーではアクションカメラを「アクションカム」の呼び名で扱っている。

コンピュータのほかの用語一覧
カメラ・デジカメ:  アクションカメラ  EVF  Flashlight  ハイブリッドビューファインダー  ビューファインダー  ブライトフレーム  カメラベース

アクションカメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/16 08:51 UTC 版)

アクションカメラ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アクションカメラ」の関連用語

アクションカメラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アクションカメラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアクションカメラの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアクションカメラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS