翔べ!_必殺うらごろしとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > テレビ番組 > 必殺シリーズ > 翔べ!_必殺うらごろしの意味・解説 

翔べ! 必殺うらごろし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/15 14:32 UTC 版)

翔べ! 必殺うらごろし』(とべ! ひっさつうらごろし)は1978年12月8日から1979年5月11日まで、テレビ朝日系で毎週金曜日22:00 - 22:54に放送された、朝日放送松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)共同製作のテレビ時代劇。全23話。主演は中村敦夫




  1. ^ 例えば「ソビエトで、テレパシーの研究がなされていた」など
  2. ^ 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p115
  3. ^ 必殺シリーズ オリジナル・サウンドトラック全集11 翔べ!必殺うらごろし/必殺渡し人』(1996年、キングレコード)のライナーノーツより。
  4. ^ 23話ではおばさんの息子とその里親の苦境を救うべく、賭場のサイコロを透視して二十両の金を儲けている。
  5. ^ 第1 - 20、23話
  6. ^ a b 日本文芸社刊『和田アキ子だ 文句あっか!』(1983年発行)での記述(p.25 - 29)より
  7. ^ 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p99
  8. ^ 第1 - 13、15、17 - 23話
  9. ^ 第1話のエンディングでは「お眠む」と表記。再放送では、おねむに修正されている。
  10. ^ 空中、地上問わず槍投げのように投擲して串刺しにしたり、旗を悪人の首に引っ掛けて上げつつ首を折ったり、斬られた竿で2人同時に刺した回もある。
  11. ^ この時は、馬と併走する脚力などの超人的な身体能力を発揮している。 殺しで用いたことはないが、念動力で馬を暴れさせたり、旗を振って突風を起こしたこともある。
  12. ^ 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p29
  13. ^ 止めは素手で頭を殴る。上から踏み付ける。石で殴り付けるなど毎回違う。頭への一撃が止めだった時は、頭部が270度回転する演出が入った。
  14. ^ 悪人は最初、何が起こったかわからないという表情を浮かべたまま、硬直することが多い。止めを刺した後、標的に向かって、鬼気迫る表情で捨て台詞を吐く。
  15. ^ 原盤権ホリプロが所持しているため、現在は移籍先であるテイチクエンタテインメントから発売。


「翔べ! 必殺うらごろし」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「翔べ!_必殺うらごろし」の関連用語

翔べ!_必殺うらごろしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



翔べ!_必殺うらごろしのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの翔べ! 必殺うらごろし (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS