戸別所得補償制度とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 戸別所得補償制度の意味・解説 

農業者戸別所得補償制度

(戸別所得補償制度 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/14 07:57 UTC 版)

農業者戸別所得補償制度(のうぎょうしゃこべつしょとくほしょうせいど)とは、日本民主党が提案した農業政策である。2007年10月に参議院に法案を提出し11月に可決、2008年5月に衆議院で廃案となった後、2009年8月30日に行われた第45回衆議院議員総選挙マニフェストに盛り込まれた。民主党への政権交代により、2011年(平成23年)から実施する予定であったが、一部は2010年(平成22年)から先行導入された。米、麦、大豆、てん菜、でん粉原料用ばれいしょ、そば、なたね等の、販売価格が生産費を恒常的に下回っている作物について差額交付するとともに、麦・大豆等への作付転換を促進、増産を計るものとなっている[1]


  1. ^ http://www.maff.go.jp/j/kobetu_ninaite/pdf/25yosan_keiei.pdf
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ a b コメ農家への戸別補償申請130万件を突破 産経新聞 2010年7月16日
  5. ^ 鈴木宣弘 『現代の食料・農業問題〜誤解から打開へ〜』 創森社、2008年、37-38頁。ISBN 978-4-88340-227-4


「農業者戸別所得補償制度」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「戸別所得補償制度」の関連用語

戸別所得補償制度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



戸別所得補償制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの農業者戸別所得補償制度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS