たいとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ところ > たいの意味・解説 

たい

[助動][たかろ|たく・たかつ|たい|たい|たけれ|○]《希望助動詞「たし」の連体形「たき」の音変化動詞、および助動詞「れる」「られる」「せる」「させる」の連用形に付く。

話し手希望を表す。「御飯を食べたい

日比(ひごろ)月日がおがみたいと思うたに」〈虎明狂・腰祈

話し手以外の人の希望を表す。「読みたいなら貸すよ」「やめたい人はやめればいい」

「ある」「である」「なさる」「くださる」や尊敬助動詞「れる」「られる」に付いて、他に対す希望要求を表す。…てほしい。「正直者がばかを見ない世の中でありたい」「別表参照されたい

[補説] 「たい」が他動性の動詞に付く場合希望対象を表すのに、「飲みたい」「飲みたい」のように「…ヲ…タイ」「…ガ…タイ」の両形を、室町時代以来用いてきている。連用形「たく」の音便形「とう(たう)」は中世ら行われているが、現代語では、「ございます」「存じます」を伴うときにかぎって行われるまた、接続助詞「て」を伴う場合、「たくって」となることもある。3多く文章語に用いる。


たい【帝/諦】

〈帝〉⇒てい

〈諦〉⇒てい


たい【怠】

常用漢字] [音]タイ(漢) ダイ(呉) [訓]おこたる なまける だるい

心がたるんでなまける。「怠惰怠慢過怠緩怠勤怠懈怠(けたい・かいたい)・倦怠(けんたい)」

名のり]やす


たい【隊】

[音]タイ(漢)

学習漢字4年

組織され一団となった集まり。「隊員隊商隊長隊列横隊楽隊縦隊編隊

特に、兵の集団。「軍隊除隊大隊部隊兵隊連隊


たい【対】

対照をなすこと。また、反対の関係にあること。「男の対は女」

互いに相手関係にあること。「巨人中日戦」

数を表す語の間に入れて、数量比例割合を表す語。「三対二の割でまぜる」

同等力量資格であること。「対で碁を打つ」

二つ一組みとなるもの。つい。

「ある時宣宗が一句得て―を挙人(きょじん)中に求めると」〈鴎外魚玄機

「対の屋」の略。

ひんがしの―の西の廂」〈・八〉

名詞などの上に付けて比較交渉戦いなどの相手であることを表す。「対前年比」「対欧州貿易


たい【戴】

常用漢字] [音]タイ(呉)(漢) [訓]いただく

の上にのせる。「戴冠不倶戴天(ふぐたいてん)」

うやうやしく上にささげて持つ。「推戴頂戴奉戴


た‐い【他意】


たい〔たひ〕【×鯛】

スズキ目タイ科海水魚総称。体は楕円形著しく側扁し、多く淡紅色脂肪少ないので味が落ちにくく、縄文時代からすで食用にされている。姿が美しくまた、「めでたい」に通じるところから縁起のよいとされ、祝い膳(ぜん)に尾頭つきで用いられることが多い。マダイ・キダイ・チダイやクロダイ・ヘダイなどがあるが、特にマダイをさす。


た‐い〔‐ゐ〕【田居】

田のある所。たんぼ。また、田舎

筑波嶺裾廻(すそみ)の―に秋田刈る妹(いも)がり遣らむ黄葉(もみち)手折らな」〈万・一五八


たい【堆】

常用漢字] [音]タイ(呉)(漢) ツイ(唐) [訓]うずたかい

〈タイ〉高く積み上げるうずたかい。「堆積堆肥

〈ツイいくつも重ねる。「堆紅(ついこう)・堆朱


たい【苔】

綱淵謙錠(つなぶちけんじょう)の時代小説同作表題作とする小説集は昭和48年1973刊行作品は、明治維新の頃に起きた士族反乱未遂事件、「思案橋事件」を主題とする。


たい【退】

[音]タイ(呉)(漢) [訓]しりぞく しりぞける すさる しさる のく ひく

学習漢字6年

後ろに下がる。しりぞくしりぞける。「退却退陣退避撃退後退辞退撤退敗退

身を置いていた場所や地位から去る。「退位退院退学退官退席退庁引退早退脱退勇退

勢いが弱まり衰える。「退化・退屈/減退衰退

(「頽」の代用字)くずれる。「退勢退廃

(「褪」の代用字)色があせる。「退色

名のり]のき


たい【貸】

[音]タイ(呉)(漢) [訓]かす

学習漢字5年

かす。「貸借貸与賃貸転貸


たい【隊】

ある目的のために二人以上が集まって一団となっているもの。また、一団となったものの並び方。隊列。「隊を組む」

兵士組織された集団軍隊部隊


たい【耐】

常用漢字] [音]タイ(慣) [訓]たえる

もちこたえる。たえる。「耐火耐久耐震耐熱耐乏耐用忍耐

名のり]つよし


たい【×腿】

[音]タイ(呉)(漢) [訓]もも

ももとすねの総称。「下腿大腿


たい【態】

かたち。すがた。ありさま。てい。

voice文法で、動詞によって表される動作作用性質あり方とその表現のしかたに関する範疇能動態受動態など。なお、完了態のように、相(aspect)の意味にも用いることがある


たい【胎】

常用漢字] [音]タイ(呉)(漢)

母体内に子が宿ること。また、その子。「胎児胎生胎動懐胎受胎堕胎

胎児宿す所。「胎盤母胎換骨奪胎

物事の起こるもと。きざし。「禍胎・胚胎(はいたい)」

名のり]はら・み・もと


たい【泰】

常用漢字] [音]タイ(呉)(漢)

ゆったりと落ち着いている。「泰然泰平安泰

はなはだしい。「泰西泰東

中国の山、泰山。「泰斗

タイ国。「日泰

名のり]とう・ひろ・ひろし・やす・やすし・ゆたか・よし


タイ【tie】

ネクタイ。「アスコットタイ

競技試合などで、得点記録相手または他の競技者と同じであること。「スコアをタイに持ちこむ」

楽譜で、同じ高さの二つ音符を結ぶ弧線。両音符は間に切れ目のない1音として演奏される。


たい【袋】

常用漢字] [音]タイ(漢) [訓]ふくろ

〈タイ〉ふくろ。「魚袋風袋郵袋

〈ふくろ(ぶくろ)〉「胃袋紙袋手袋戸袋寝袋

難読足袋(たび)・布袋(ほてい)


たい【×殆】

人名用漢字] [音]タイ(漢) [訓]ほとんど

あぶない。あやうい。「危殆

名のり]ちか


た・い

接尾形容詞活用[文]た・し(ク活)。「いたし」の頭母音脱落したものか》名詞動詞連用形などに付いて、形容詞をつくる。

その事のはなはだしい意を表す。「めで―・い」「うしろめ―・い」

そのような状態であることを表す。「けむ―・い」「つめ―・い」

[補説] 促音挿入されて、「…ったい」となることもある。「じれったい」「やぼったい」など。


たい【滞〔滯〕】

常用漢字] [音]タイ(慣) [訓]とどこおる

物事一所にとどまって進まない。とどこおる。「滞貨滞納延滞凝滞渋滞遅滞沈滞停滞

ある場所に足をとめる。「滞欧滞空滞在滞日滞留


たい【体】

[名]

からだ。身体。「体を預け寄り切る

そのものとしてのかたち。すがた。「論文としての体を整える」

物事本質をなすもの。「名は体を表す

生け花で、天または地の役枝(やくえだ)のこと。

四則算法の可能な集合有理数全体実数全体複素数全体など。しかし自然数全体整数全体などは体ではない。

接尾助数詞神仏の像や死体などを数えるのに用いる。「仏像一体」


たい【替】

常用漢字] [音]タイ(呉) [訓]かえる かわる

入れかわる。「交替代替

衰える。「隆替

難読為替(かわせ)


たい【帯〔帶〕】

[音]タイ(呉)(漢) [訓]おびる おび

学習漢字4年

〈タイ

おび。おび状のもの。「衣帯眼帯靭帯(じんたい)・声帯束帯着帯紐帯(ちゅうたいじゅうたい)・包帯

身につける。おびる。「帯出帯電帯刀帯黒色拐帯携帯

そばに伴う。「帯同妻帯所帯付帯連帯

ある範囲地域。おび状の範囲。「一帯温帯寒帯地帯時間帯植物帯

〈おび〉「帯革角帯腰帯腹帯兵児帯(へこおび)」

名のり]たらし・よ

難読帯刀(たちはきたてわき)


たい【体〔體〕】

[音]タイ(呉) テイ(漢) [訓]からだ

学習漢字2年

〈タイ

四肢・骨格などで組み立てられたものとしてのからだ。「体育体温体格体質体重体操体力巨体五体死体上体身体人体聖体胴体肉体女体病体裸体老体

各部分を組み立てまとまりのある形や組織。「体系体制詩体字体政体全体団体文体

一定の形や働きをもつ存在。「体積液体機体客体球体実体主体船体天体媒体物体本体

身につける。「体験体得

体言」の略。「連体詞

〈テイ見かけのようす。「体裁憎体(にくてい)・人体(にんてい)・風体面体

[補説] 「躰」は「體」の俗字

名のり]なり・み・みる・もと

難読為体(ていたらく)


たい【×頽】

[音]タイ(漢) [訓]くずれる

形や勢いがくずれてだめになる。「頽勢頽唐頽廃衰頽廃頽

[補説] 「退」を代用字とすることがある

難読胡頽子(ぐみ)


タイ【Thai】


たい【袋】

接尾助数詞。袋(ふくろ)に入れたものを数えるのに用いる。「二〇袋」


たい【大/代/台】

〈大〉⇒だい

〈代〉⇒だい

〈台〉⇒だい


たい【×黛】

人名用漢字] [音]タイ(漢) [訓]まゆずみ

まゆずみ。「翠黛(すいたい)・青黛粉黛

黒ずんだ青色。「黛青翠黛


たい【×苔】

人名用漢字] [音]タイ(漢) [訓]こけ

下等植物の名。コケ。「青苔蘚苔(せんたい)」

コケ状のもの。「舌苔

難読海苔(のり)


たい【対〔對〕】

[音]タイ(呉)(漢) ツイ(唐) [訓]むかう こたえる

学習漢字3年

〈タイ

向かい合う二つ向き合う。「対岸対決対抗対座対策対象対比対面対立絶対相対敵対反対

相手になって受け答えする。「応対・接対」

二つ一組のもの。「対偶

対島(つしま)国。「対州

〈ツイ〉の3に同じ。「対句一対


たい【態】

[音]タイ(呉)(漢) [訓]わざ

学習漢字5年

身や心の構え広くありさま。ようす。「態勢態度擬態旧態形態姿態事態失態実態醜態重態・状態・常態酔態世態生態媚態(びたい)・変態容態

名のり]かた

難読態態(わざわざ)


たい【太】

[音]タイ(呉)(漢) (慣) [訓]ふとい ふとる

学習漢字2年

〈タイ

豊かに大きい。「太陰太鼓太山太陽

はなはだしい。「太古太平

第一番。はじめ。「太極太子太初太祖

尊い者に添える語。「太公太后太閤(たいこう)」

〈タ〉

第一番。「太郎

ふとい。ふといもの。「根太(ねだ)・丸太

〈ふと(ぶと)〉「太股(ふともも)/極太(ごくぶと)・肉太骨太

名のり]うず・おお・しろ・たか・と・ひろ・ひろし・ふと・ふとし・ます・み・もと

難読太宰(だざい)・太政(だじょう)・太刀(たち)・太夫(たゆう)・心太(ところてん)・明太(めんたい)・猶太(ユダヤ)


たい【堆】

1か所にうず高く積もっていること。また、そのもの

大なる枯れ乾き落ちて、―をなす」〈蘆花自然と人生

海底で、平らな頂をもつ隆起部。プランクトン多く漁場となる。北海道天塩沖の武蔵堆、能登半島沖の大和堆など。バンク


たい【逮】

常用漢字] [音]タイ(漢)

及ぶ。「逮夜

相手手が届く。捕らえる。「逮捕


たい【胎】

母体の子宿るところ。子宮また、宿った子。

胎蔵界」の略。


たい【待】

[音]タイ(漢) [訓]まつ

学習漢字3年

まち受ける。まつ。「待機待避待望期待

もてなす。取り扱う。「待遇歓待虐待招待接待優待

名のり]なが・まち・みち


たい・そう・ゆう 【体・相・用】

三大

読み方:たい、ちょうけいこつたい
別名:蝶形骨体
【英】:Corpus,Body of sphenoid

蝶形骨体蝶形骨中央部にあり立方体をなしている。上面中央部には鞍状を呈したトルコ鞍があり、その中央横位楕円形の下垂体窩がある。トルコ鞍後方には鞍背という上方突出した骨板があり、その両側外側端の突起後床突起という。鞍背後部台形をなして後頭骨の底部とともに斜台形成する。下垂体窩前には体の前部との境界線である鞍結節とよべる横走する稜があり、その両側端にある中床突起発育弱く明瞭なものは少ない。鞍結節前には細い横走する[視神経交叉溝があり、その両外側視神経管につづく。交叉溝の前部蝶形骨隆起とよばれているが、これは隆起ではなく滑らかな平面である。体の前部小翼後部は大翼と結合している。下錐体窩の外側と大翼の根部との間には、内側頚動脈溝という前後に走る溝があり、外側蝶形骨小舌という突起状の骨板がある。体の下面鼻腔咽頭腔の上壁をなし、中央蝶形骨吻が前下方突出し鋤骨翼にはさまれる。体の前面中央部には蝶形骨稜という上下に走る稜線があり、篩骨の垂直板相接する蝶形骨稜両側でがいおうに蝶形骨甲介認められる。これはバルタン小骨ともよばれ、発生学的には篩骨一部であったものが8~12歳蝶形骨体癒合したものでとくに若年頭蓋著明である。体の内面空洞状をなし蝶形骨洞とよばれ、その正中部には蝶形骨洞中隔があり、洞を左右分けている。その前面には蝶形骨洞口という開口部両側にあり蝶篩陥凹通じている。

たい


たい

  1. 同上(※「たれ」参照)。〔第六類 器具食物

たい

  1. 銃器。〔朝鮮人隠語
  2. 銃器。〔朝鮮人語〕
  3. 銃器を云ふ。

分類 朝鮮人朝鮮人


たい

  1. 眠。〔朝鮮人隠語
  2. 睡眠する事を云ふ。

分類 朝鮮人


たい

  1. 名古屋

たい


タイ

読み方:たい

  1. 被害者ノコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・大阪府

分類 大阪府


タイ

読み方:たい

  1. 金入ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・岡山県
  2. 懐中物のこと。〔一般犯罪

分類 岡山県犯罪


読み方:たい

  1. ⑴同じ力、同点等の意。⑵転じて男女関係で一対又は似合いの意。

読み方:たい

  1. 肴。或は美装した婦人のこと。しいよりか、又は被害者のこと。
  2. 或いは美装した婦人のこと、又は被害者のことをいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
たい

読み方
たい

碓井

読み方
碓井たい

読み方
たい

読み方
たい

読み方
たい

(たい から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/06 04:44 UTC 版)

(タイ、英: sea bream)とは、広義にはスズキ目タイ科の総称、狭義にはタイ科のマダイを指す。


  1. ^ 万葉集』では、鯛とはマダイただ一種を指していたが、江戸時代(1855年:安政2年)にはタイと呼ばれる魚を86種紹介する書籍が著され、さらに昭和期(1943年)の書籍では235種を数えた[4]
  1. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  3. ^ 海の豆知識 Vol.47タイ公益財団法人海洋生物環境研究所
  4. ^ 『海のはくぶつかん』:Vol.32 No.1 p.4-5鈴木克美、東海大学社会教育センターweb
  5. ^ a b c 岡嶋隆司 (2004). “真鯛頭部の解体方について-解体手順と調理法の推定-”. 動物考古学 (動物考古学研究会) 第21号: 92. 
  6. ^ 大場秀章(編)『東大講座 すしネタの自然史』 日本放送出版協会 2003年 ISBN 4140808276 pp.133-135.
  7. ^ スローに楽しく♪福探し「鯛の9つ道具」”. 日刊水産経済新聞. 2018年6月27日閲覧。
  8. ^ 江後迪子『隠居大名の江戸暮らし』吉川弘文館、1999年、130ページ。ISBN 4-642-05474-X


「鯛」の続きの解説一覧

たい

出典:『Wiktionary』 (2019/06/29 04:54 UTC 版)

助動詞

たい【稀・古用:い】

  1. 希望助動詞動詞連用形について、希望を表す。
  2. 話し手を含んで一般人称的に)希望願望を表す。
  3. (「いただきたい」「くだされたい」「されたい」などの形で)他者請い求める意を表す。してほしい。

活用

未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形 活用
たかろ たかっ
たく
たい たい たけれ 形容詞

語源

類義語

  • たがる

助詞

たい

  1. 方言九州北部断定の意。~だよ。

類義語

  • ばい


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



たいと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「たい」に関係したコラム

  • FXの指値、逆指値とは

    FX(外国為替証拠金取引)の指値、逆指値とは、為替レートを指定して注文することです。指値は英語でlimit、指値注文はlimit orderといいます。また、逆指値は英語ではstop、逆指値注文はst...

  • CFDの銘柄の時系列データを取得するには

    CFDの銘柄の時系列データを取得するにはいくつかの方法がありますが、比較的簡単に取得できるのは、GCIフィナンシャルが取引ツールとして使用しているMT4(Meta Trader 4)からダウンロードす...

  • ETFの売買注文の種類

    ETFの売買注文の種類には次のようなものがあります。▼成行注文成行注文は、証券会社の提示する価格で売り注文、あるいは、買い注文をすることです。価格は常に変動しているため、実際に成立する価格は証券会社の...

  • CFDの債券の取引とは

    CFDでの債券取引は、各国の発行する債券(国債)の先物が対象になっています。債券を取り扱っているCFD業者は、ひまわり証券、CMC Markets Japan、IGマーケッツ証券、SBI証券などです。

  • 株式取引の板の見方

    株式取引の板とは、銘柄の価格帯ごとの売り数量と買い数量を表示した表のことです。売数量株価買数量14100341534000341021900340565200340087000339576600339...

  • CFDの口座開設の方法

    CFDの取引を行うには、CFD業者の口座を開設する必要があります。ここでは、口座開設までの手続きの方法について解説します。ほとんどのCFD業者では、Webサイトから口座開設の手続きができます。まず、口...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「たい」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
90% |||||

5
78% |||||


7
78% |||||

8
78% |||||

9
78% |||||

10
78% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



たいのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2020 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鯛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのたい (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS