胎動とは? わかりやすく解説

たい‐どう【胎動】

読み方:たいどう

[名](スル)

母胎内で胎児動くこと妊娠5か月過ぎから感じるようになる

新し物事が、内部で動き始めること。また、内部の動き表面化し始めること。「独立の気運が―する」


胎動 (たいどう)

胎児動きのことです。それ以前から赤ちゃん動いていますが、妊婦さんが「あれ…?」と感じられるのは早い人で妊娠16週くらいから。妊娠20週になれば、ほとんどの人感じられるようになります最初のころは「ウニョウニョ」「ミミズがはったような動き……」と表現する人もいます。妊娠中期末期それまで活発にあった胎動が急に感じられなくなったというときは、急いで受診しましょう

胎動

作者西村敏通

収載図書いずこぞ青空
出版社近代文芸社
刊行年月1988.4


胎動

作者マイケル・ビショップ

収載図書80年代SF傑作選
出版社早川書房
刊行年月1992.10
シリーズ名ハヤカワ文庫SF


胎動

作者田所靖二

収載図書初期文芸名作ハンセン病咲いた戦後編
出版社皓星社
刊行年月2002.8
シリーズ名ハンセン病叢書


胎動

作者ミシェル・フーバー

収載図書アメリカ新進作家傑作選 2004
出版社DHC
刊行年月2005.7


胎動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 06:23 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「胎動」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「胎動」を含むページの一覧/「胎動」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「胎動」が役に立つかも知れません。


胎動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 17:14 UTC 版)

立体テレビ放送」の記事における「胎動」の解説

2007年10月1日メガネストアーによる日本初実写3次元映像CMオンエアされた。このCMアナグリフ方式採用しているため、立体的に見るためには赤青メガネ必要でありメガネストアー各店舗では赤青メガネ無料配布した。 2007年12月より日本BS放送BS11)が、立体テレビ番組3D立体革命」の放送開始しビックカメラ等の一部家電量販店店頭デモが行われている。ただし同放送視聴には専用受像機メガネが必要となるが、2008年12月段階市販されているのはヒュンダイ製の46型と32液晶テレビの2機種のみで、現状では技術デモ色彩が強い。中国でも、上海文広動電公司2007年5月より立体テレビ放送開始している。番組放送時、普通の2Dテレビで視聴すると、画面2分割される「サイド・バイ・サイド」での放送となる。 2008年1月7日読売新聞記事によると、総務省は、2020年をめどに企業向け映像技術実用化2025年には一般家庭用立体テレビの他、立体テレビ電話等も実用化することを目指し民間企業共同でシステム開発進め方針とした。 2009年11月1日日本テレビ系列放送された『驚きの嵐!世紀の実験 学者も予測不可能SP』では、事前に視聴者に赤青メガネ用意するように呼びかけて番組一部3D放送行った2010年初頭には、パナソニックソニーサムスン電子など家電大手各社立体テレビ3Dテレビ)の年内市販化表明パナソニック2010年4月販売開始した。さらに3Dコンテンツ制作立体テレビ放送普及のために大手映画・放送会社との提携進めており、新たな家電需要開拓期待されていた。2010年12月には、東芝から12型と20型の裸眼3Dテレビ発売された。2011年秋には、40以上の裸眼3Dテレビ発売する予定だった。

※この「胎動」の解説は、「立体テレビ放送」の解説の一部です。
「胎動」を含む「立体テレビ放送」の記事については、「立体テレビ放送」の概要を参照ください。


胎動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 09:18 UTC 版)

ブーディカ」の記事における「胎動」の解説

彼女の夫プラスタグスイケニ族の王であり、現在ではノーフォークおよびその近郊あたりと推測される地域居住していたと考えられる。そこはローマ直接の支配が及ぶ範囲には位置せず、43年にはグレートブリテン島遠征していた皇帝クラウディウスローマ軍同盟関係を結び「同盟領主rex socius)」となることで彼はその土地支配権認められ独立維持していた。彼らは、47年ローマ長官プブリウス・オストリオス・スカプラが脅迫的に武装解除迫った時にも、反乱を持って応える程の力を有していた。当時としては際立った長命誇ったプラスタグスではあったが、彼はその死後憂いローマ皇帝ブーディカとの間に生まれた二人の娘との共同統治者立てることで、王国平安維持しようとした。 しかしブーディカの夫に限らず同盟領主地位完全な独立国の王とは違い、以下のような制限がかけられていた。 同盟領主同士他勢力の国と独断で戦を始めてはいけない、ローマ自身戦がある場合援軍提供する義務があった。 他の国家と同盟を結ぶことは禁じられた貨幣鋳造権銅貨自由にできたが銀貨制限があり、金貨はほぼ認められなかった。 元老院確認有無にかかわらず帝政期には皇帝明確な勅許なしでは王の権利行使したり王を名乗っていけなかった王の称号本人のみ有効で死亡する消滅する。(領主として問題があるとされた場合存命でも剥奪されることがある。) この最後の掟のため同盟領主地位建前上は世襲ではなく大多数の子供が後を継ぐ場合でも再度皇帝から同盟領主勅許を受ける必要があったのだが、子供居ない場合居て領主としての能力がない判断される領土一部だけ支配許されたり、傍系人物血縁のない人間次の同盟領主選ばれたり、場合によっては総督がきてローマ帝国直轄支配になるケースザラにあったアナトリア半島ビテュニアガラティアのように、後になってから何らかの理由で皇帝属州併合された例は多かった他、複雑な例ではユダヤ地方のようにヘロデ大王息子アルケラオス時代没収を受けてローマ直轄ユダヤ属州になった領土が、ヘロデの孫のアグリッパ1世時代同盟領主彼の支配下に返還され、さらにアグリッパ1世死後息子アグリッパ2世が若いという理由で再度没収され成長してから少しづつ返還されていったというケースもある(フラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ古代誌』第XVII巻13章・第XIV5章9章、第XX7章など参照)。 また、前述のヘロデ大王の妹のサロメいくつかの都市の支配権継承したようなケースもあるが、領土の相続原則男子のみに限られており、女子基本的に継承権を持っていなかった。 このような考え方相違から、プラスタグス亡くなると彼の根回し無視されるどころか遺言逆手に取られ、王位財産の半分ローマ皇帝の物とされた上で娘たちへの相続無効一方的に解釈されてしまい、それを口実に王国征服されたがごとく帝国編入されてしまった。領土財産有無を言わさず没収され重税課され貴族たちは奴隷のように扱われた。タキトゥス記述によると、ブーディカ鞭打たれ、元首のはずの娘たち陵辱された。一方ディオは、これらの背景にはルキウス・アンナエウス・セネカを含むローマ財政官たちが負債返済目的暗躍した結果だと伝えている。タキトゥスそこまであからさまに述べてこそいないが、奢侈な生活を好んだ行政長官デキアヌス・カトゥスが重ねた帝国からの借金について触れ似たような背景存在暗に匂わせている。

※この「胎動」の解説は、「ブーディカ」の解説の一部です。
「胎動」を含む「ブーディカ」の記事については、「ブーディカ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「胎動」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

胎動

出典:『Wiktionary』 (2021/11/20 00:25 UTC 版)

名詞

たいどう

  1. 胎児母胎の中で動くこと。
  2. 新し物事が、表面あらわれずに内部動き始めること。

動詞


「胎動」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「胎動」の関連用語

胎動のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



胎動のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2022 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの胎動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの立体テレビ放送 (改訂履歴)、ブーディカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの胎動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS