種馬とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 種馬の意味・解説 

しゅ ば [1] 【種馬】

たねうま(種馬)

たね うま [0][2] 【種馬】

種付け用の血統のよい雄馬種牡馬しゆぼば)。しゅば。

種馬

読み方:たねうま

  1. 子を産ませる為に貰つた聟のことをいふ。〔情事語〕
  2. 子を産ませるために貰つた聟のことをいふ。

分類 俗語情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

種馬

読み方:タネウマ(taneuma)

交尾をする馬

季節

分類 動物


種牡馬

(種馬 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/18 14:44 UTC 版)

種牡馬(しゅぼば)とは繁殖用の牡馬のこと。種馬(たねうま)ともいう。


  1. ^ 【種牡馬展示会(Stallion Parade)】の「2017年度日程」について(社台スタリオンステーションなど9開催)(【サラブレッドセール(セリ市場)=馬市】&【種牡馬】の最新情報 by馬市.com 2017年1月13日 2017年2月23日閲覧)・【こちら日高支局です・古谷剛彦】種牡馬展示会にエイシンヒカリやゴールドシップ登場(2017年2月14日 スポーツ報知・古谷剛彦 (スポーツライター) 2017年2月23日閲覧)
  2. ^ 後藤正俊 (2006年12月1日). “「パート国」としての今後”. 日本競走馬協会. 2017年8月29日閲覧。
  3. ^ 2008年度競馬番組および払戻金の上乗せについて - ウェイバックマシン(2007年11月11日アーカイブ分)
  4. ^ Yahoo!Japanスポーツ内コラム『最強ヒストリー ミホノブルボン 無敵の“人造サラブレッド”』第1話『作られた名馬』で生産者本人が「経済的な理由で両馬を選択した」という旨のコメントをしている。[1]
  5. ^ ゴールドアリュール号が死亡日本中央競馬会、2017年2月18日閲覧
  6. ^ 【皐月賞】フジキセキ産駒 デビューから17年目のクラシックV スポーツニッポン 2015年3月27日閲覧
  7. ^ champion sire smart strike euthanized - bloodhorse.com 2015年3月27日閲覧



種馬

出典:『Wiktionary』 (2012/04/05 03:23 UTC 版)

名詞

たねうま, しゅば)

  1. 繁殖、特にを指す場合多い

翻訳

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「種馬」の関連用語

種馬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



種馬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの種牡馬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの種馬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS