雌馬とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 雌馬の意味・解説 

め うま [1][0] 【牝馬・雌馬】

めすの馬。 ⇔ 牡馬おうま

牝馬

(雌馬 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/01 20:08 UTC 版)

牝馬(ひんば)とはメスの事である。オスの馬のことは牡馬(ぼば)という。


  1. ^ 『馬の医学書』p.124
  2. ^ a b 『馬の医学書』p.181
  3. ^ a b c 『馬の医学書』p.22
  4. ^ 受胎期間が短いブタは、平均114日で出産し、200日以上の差がある。
  5. ^ モリス pp.97-98
  6. ^ モリス p.100
  7. ^ 『馬の医学書』p.148
  8. ^ このうち、離乳した仔馬を特に「ウィーンリング(weanling)」と呼ぶ。
  9. ^ 『馬の医学書』p.34
  10. ^ ただし、ハンデキャッパーが個別の能力を独自判断するハンデキャップ競走においては、牡馬よりも重い斤量を課せられる場合もある。
  11. ^ カルピス社 公式Webサイト - カルピスの起源について
  12. ^ 薬.net「プレマリンとは - 効果と副作用」
  13. ^ モリス pp.216-218


「牝馬」の続きの解説一覧

めうま

出典:『Wiktionary』 (2010/05/22 10:25 UTC 版)

名詞

めうま /

  1. (めす)の馬。

発音

め↗うま

対義語

牡馬雄馬

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「雌馬」の関連用語

雌馬のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



雌馬のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの牝馬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのめうま (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS