飛台とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 飛台の意味・解説 

とび だい [0] 【飛(び)台】

相場で、大台おおだい)のこと。一〇〇円を飛び台とすれば、一〇五円は百とび五円という。
飛び込み台」に同じ。

飛台

読み方:とびだい

  1. 百十何円か十円台を割つたならば、飛台に落ちたといふ。つまり百〇七円といふ事、米の方なら二十五円〇五銭位を指す。
  2. 円五銭とか何十何十銭とかいふこと。メ台又は目台ともいふ。〔相場語〕
  3. トビダイ。百十何円から百〇何円と落ち時に飛台に落ちたといふ。
  4. 〔経〕取引所用語。何円五銭とか何十何十銭とか云ふ様に、三単位上の価格に於て、中間単位に相当する価格欠けたる場合を云ふ。〆台又は目台とも云ふ。
  5. 何円何銭と中の単位飛んでゐる場合で、大阪では「メイ」と呼ぶ。

分類 相場相場語、経

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「飛台」の関連用語

飛台のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



飛台のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2019 Weblio RSS