カタクリとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 野菜 > 山菜 > カタクリの意味・解説 

カタクリ

カタクリ
科名 ユリ科
別名: カタコ
生薬名: カタクリ(片栗
漢字表記 片栗
原産 ユーラシア
用途 山野涼し日当たりのよい木陰自生する多年草春に淡紫色の花が咲きます。地下鱗茎から抽出しデンプン片栗粉といいます。
学名: Erythronium japonica Decne.
   

カタクリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/01 13:07 UTC 版)

カタクリ(片栗、学名Erythronium japonicum Decne.)は、ユリ科カタクリ属に属する多年草古語では「堅香子(かたかご)」と呼ばれていた[1]


[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 植物生活史図鑑 (2004)、1頁
  2. ^ a b ニュートン (2001)、28頁
  3. ^ a b c 高山植物 (1989)、566頁
  4. ^ ニュートン (2001)、8頁
  5. ^ a b ニュートン (2001)、11頁
  6. ^ ニュートン (2001)、19頁
  7. ^ a b c d 植物生活史図鑑 (2004)、7頁
  8. ^ a b NHKアーカイブス保存番組詳細 モリゾー・キッコロ 森へいこうよ!カワイさ満開!春を呼ぶ妖精たち(2010年5月2日放送)”. NHK. 2011年12月22日閲覧。
  9. ^ a b NHKアーカイブス保存番組詳細 花の自然誌 カタクリ 開花・8年目のめざめ(1990年2月18日放送)”. NHK. 2011年12月22日閲覧。
  10. ^ 植物生活史図鑑 (2004)、2頁
  11. ^ 植物生活史図鑑 (2004)、3頁
  12. ^ ニュートン (2001)、15頁
  13. ^ a b c 植物生活史図鑑 (2004)、5頁
  14. ^ ニュートン (2001)、13頁
  15. ^ ニュートン (2001)、16頁
  16. ^ カタクリ”. 武田薬品工業. 2011年12月21日閲覧。
  17. ^ a b 山菜のお話”. 北海道医療大学. 2011年12月21日閲覧。
  18. ^ 安ヶ沢かたくりまつり”. 西和賀町. 2011年12月21日閲覧。
  19. ^ 普通切手、慶弔切手一覧”. 公益財団法人日本郵趣協会. 2014年4月1日閲覧。
  20. ^ カタクリ”. 岡山大学. 2011年12月21日閲覧。
  21. ^ a b レッドデータブックくまもと2009 植物(維管束)その7 (PDF)”. 熊本県. p. 207 (2009年10月30日). 2011年12月22日閲覧。
  22. ^ ニュートン (2001)、32頁
  23. ^ カタクリ”. 広島大学デジタル自然史博物館 (2010年8月31日). 2011年12月21日閲覧。
  24. ^ 歴史民俗資料館:端野町のカタクリ”. 北見市 (2011年4月20日). 2011年12月21日閲覧。
  25. ^ 植物生活史図鑑 (2004)、6頁
  26. ^ 地図閲覧サービス”. 国土地理院. 2011年12月21日閲覧。
  27. ^ ニュートン (2001)、30頁
  28. ^ 花の百名山 (1997)、18-21頁
  29. ^ 新・花の百名山 (1997)、132-134頁
  30. ^ a b c NHKアーカイブス保存番組詳細 花の百名山 三毳山(みかもやま) カタクリ(1995年4月5日放送)”. NHK. 2011年12月22日閲覧。
  31. ^ a b 北の大地の春”. NHK・さわやか自然百景 (2005年5月22日). 2011年12月21日閲覧。
  32. ^ 突哨山でカタクリフォーラム”. あさひかわ新聞 (2011年4月26日). 2011年12月21日閲覧。
  33. ^ 八津・鎌足 かたくり群生地”. 仙北市. 2011年12月21日閲覧。
  34. ^ 花の百名山地図帳 (2007)、86-87頁
  35. ^ 大湯温泉かたっこ群生地【カタクリ】”. 公益社団法人 新潟県観光協会. 2017年12月27日閲覧。
  36. ^ 花の百名山地図帳 (2007)、202-203頁
  37. ^ 町谷町のお宝・自慢 かたくりの花”. 佐野市. 2011年12月21日閲覧。
  38. ^ 丸山薬師のカタクリ群生地”. 太田市. 2011年12月21日閲覧。
  39. ^ カタクリ群生地”. みどり市 (2011年11月9日). 2011年12月21日閲覧。
  40. ^ 飯能市内指定文化財一覧”. 飯能市 (2011年4月1日). 2011年12月21日閲覧。
  41. ^ カタクリ群生地”. 柏市 (2011年3月3日). 2011年12月21日閲覧。
  42. ^ センダイタイゲキ及びカタクリ自生地”. 富里市. 2011年12月21日閲覧。
  43. ^ カタクリの自生地”. 相模原市. 2011年12月21日閲覧。
  44. ^ 市指定文化財”. 茅野市 (2010年3月1日). 2011年12月21日閲覧。
  45. ^ 牧之原公園斜面のカタクリ”. 島田市. 2011年12月21日閲覧。
  46. ^ 天然記念物”. 高山市. 2011年12月21日閲覧。
  47. ^ カタクリ(ユリ科) 三次市指定天然記念物”. 国土交通省中国地方整備局. 2011年12月21日閲覧。
  48. ^ Erythronium L.” (英語). ITIS. 2011年12月23日閲覧。
  49. ^ ニュートン (2001)、36-37頁
  50. ^ ニュートン (2001)、6頁
  51. ^ 日本のレッドデータ検索システム「カタクリ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2013年1月25日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。
  52. ^ 植物生活史図鑑 (2004)、6頁
  53. ^ 国立・国定公園特別地域内指定植物(ユリ科・カタクリ) (PDF)”. 環境省自然環境局. p. 9. 2011年12月21日閲覧。
  54. ^ -千葉県レッドデータブック-植物・菌類編 (PDF)”. 千葉県. p. 222 (2009年). 2013年1月25日閲覧。
  55. ^ 東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)〜東京都レッドリスト〜 (PDF)”. 東京都. p. 36 (2010年3月). 2011年12月21日閲覧。
  56. ^ レッドデータブックとっとり (植物)・カタクリ (PDF)”. 鳥取県. p. 107. 2011年12月21日閲覧。
  57. ^ しまねレッドデータブック・カタクリ”. 島根県 (2002年3月). 2013年1月25日閲覧。
  58. ^ 徳島県版レッドデータブック (PDF)”. 徳島県. pp. 398 (2011年8月). 2013年1月25日閲覧。
  59. ^ 愛媛県レッドデータブック・カタクリ”. 愛媛県 (2003年). 2013年1月25日閲覧。
  60. ^ 埼玉県レッドデータブック2011 植物編 (PDF)”. 埼玉県. pp. 180 (2011年). 2013年1月25日閲覧。
  61. ^ 三重県レッドデータブック2005・カタクリ”. 三重県 (2005年). 2013年1月25日閲覧。
  62. ^ 北海道レッドデータブック・カタクリ”. 北海道 (2001年). 2013年1月25日閲覧。
  63. ^ かたくりの里”. 吉賀町. 2011年12月21日閲覧。
  64. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 にっぽん花物語カタクリ(1995年1月29日放送)”. NHK. 2011年12月22日閲覧。
  65. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 ふるさと自然発見 カタクリの花咲く里〜秋田・西木村〜(1995年5月27日放送)”. NHK. 2011年12月22日閲覧。
  66. ^ NHKアーカイブス保存番組詳細 ふるさと自然発見 山一面のカタクリ大群落 〜北海道・旭川市〜(1997年5月31日放送)”. NHK. 2011年12月22日閲覧。





カタクリと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「カタクリ」の関連用語

カタクリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カタクリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカタクリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS