加藤知世子とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 現代俳句人名事典 > 加藤知世子の意味・解説 

加藤知世子

加藤知世子の俳句

早乙女の唄ひつつ入る深田かな
時雨光生きて湧きつぐ藍の華
石の堅さの藍玉は手にほのぬくし
紅の花枯れし赤さはもうあせず
頬杖ながし青林檎ひとつ置き
 

加藤知世子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/10 07:40 UTC 版)

加藤 知世子(かとう ちよこ、1909年11月20日 - 1986年1月3日)は、新潟県出身の俳人。本名チヨセ。旧姓・矢野。東頸城郡安塚(現上越市)生。1929年、加藤楸邨と結婚。1931年、句作をはじめ「若竹」「馬酔木」に投句。1940年、楸邨の「寒雷」創刊とともに参加。1954年、池上不二子、柴田白葉女らと「女性俳句」を創刊、編集に携わる。句集に『冬萌』『朱鷺』『太麻由良』『夢たがへ』『飛燕草』『頬杖』がある。




「加藤知世子」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「加藤知世子」の関連用語

加藤知世子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



加藤知世子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
現代俳句協会現代俳句協会
Copyright(C) 現代俳句協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加藤知世子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS