クロネッカーのデルタとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > クロネッカーのデルタの意味・解説 

クロネッカーのデルタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 06:03 UTC 版)

クロネッカーのデルタ: Kronecker delta)とは、集合 T(多くは自然数部分集合)の i,j に対して


  1. ^ Theodore Frankel, The Geometry of Physics: An Introduction 3rd edition (2012), published by Cambridge University Press, ISBN 9781107602601
  2. ^ D. C. Agarwal, Tensor Calculus and Riemannian Geometry 22nd edition (2007), published by Krishna Prakashan Media
  3. ^ David Lovelock, Hanno Rund, Tensors, Differential Forms, and Variational Principles, Dover Publications
  4. ^ Sadri Hassani,Mathematical Methods: For Students of Physics and Related Fields 2nd edition (2008), published by Springer-Verlag, ISBN 978-0387095035


「クロネッカーのデルタ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

クロネッカーのデルタのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クロネッカーのデルタのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクロネッカーのデルタ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS