エストラゴールとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > 香りの分子 > エストラゴールの意味・解説 

エストラゴール

分子式C10H12O
その他の名称:エストラゴール、カビコールメチルエーテルEstragoleChavicol methyl ether、1-Methoxy-4-(2-propenyl)benzene、エスドラゴール、エスドラゴン、O-Methylchavicol、NCI-C-60946、Isoanethole、Esdragon、Esdragol、イソアネトール、O-メチルカビコール、p-Methoxyallylbenzene、p-メトキシアリルベンゼン、4-Allyl-1-methoxybenzene、4-アリルアニソール、4-Allylanisole、Estragol、メチルカビコール、1-(4-Methoxyphenyl)-2-propene、1-Allyl-4-methoxybenzene、1-Methoxy-4-allylbenzene、Methylchavicol、4-(2-Propenyl)anisole、4-Methoxy-1-allylbenzene、p-Allylanisole
体系名:1-アリル-4-メトキシベンゼン、3-(4-メトキシフェニル)-1-プロペン、4-メトキシ-1-アリルベンゼン、1-(2-プロペニル)-4-メトキシベンゼンp-アリルアニソール、1-メトキシ-4-アリルベンゼン、4-アリル-1-メトキシベンゼン1-メトキシ-4-(2-プロペニル)ベンゼン、1-(4-メトキシフェニル)-2-プロペン、4-(2-プロペニル)アニソール


エストラゴール

名称エストラゴール
英名estragole
別名p-アリルアニソールカビコールメチルエーテル1-メトキシ-4-(2-プロペニル)ベンゼン
化学式C10H12O
香りアニス
状態l (無色)
融点
沸点216108~114(25mmHg),102(16mmHg)
比重0.9645(d21/4)
性質アルコールクロロホルムエタノール可溶
用途アネトール原料, 酒,酢などの香料
有機200
無機37
分子データ
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

エストラゴール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/01 07:44 UTC 版)

エストラゴール(Estragole)は、フェニルプロペンの一種で天然に存在する有機化合物である。p-アリルアニソール(p-allylanisole)、メチルカビコール(Methyl chavicol)とも呼ぶ。メトキシ基とプロペニル基で置換されたベンゼン環の構造を持つ。アネトールとは、二重結合の位置が異なる異性体である。無色の液体であるが、不純物を含むサンプルは黄色を呈する。テレピン油アニスフェンネルローリエタラゴンバジル等の様々な植物に含まれ、香料の製造に用いられる[1]


  1. ^ a b Karl-Georg Fahlbusch, Franz-Josef Hammerschmidt, Johannes Panten, Wilhelm Pickenhagen, Dietmar Schatkowski, Kurt Bauer, Dorothea Garbe, Horst Surburg "Flavors and Fragrances" in Ullmann's Encyclopedia of Industrial Chemistry, Wiley-VCH, Weinheim: 2002. Published online: 15 January 2003; doi:10.1002/14356007.a11_141.
  2. ^ Philip R. Ashurst (1999). chavicol Food Flavorings. Springer. p. 11. https://books.google.com/books?id=hrWuqmtwJiEC&pg=PA18&dq=methyl chavicol. 
  3. ^ EMEA/HMPC/137212/2005, Committee on Herbal Medicinal Products. Final Public Statement on the Use of Herbal Medicinal Products Containing Estragole http://www.ema.europa.eu/docs/en_GB/document_library/Scientific_guideline/2010/04/WC500089960.pdf
  4. ^ SCF/CS/FLAV/FLAVOUR/6, 26 September 2001, Opinion of the Scientific Committee on Food on Estragole (1-Allyl-4-methoxybenzene)Archived copy”. 2007年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月16日閲覧。


「エストラゴール」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エストラゴール」の関連用語

エストラゴールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エストラゴールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2020 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエストラゴール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS