骨密度とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 密度 > 骨密度の意味・解説 

こつ‐みつど【骨密度】

読み方:こつみつど

骨の強度を表す指標の一。一定容積の骨に含まれるカルシウム・マグネシウムなどのミネラル成分の量。骨量骨塩定量骨塩量BMDbone mineral density)。

[補説] 一度失われた骨量取り戻すこと難しく思春期のころに十分に骨を育て運動適切な食事によって維持することが重要。骨密度がYAM若年成人平均値)の70パーセント未満になると骨粗鬆症(こつそしょうしょう)と診断される


骨密度(コツミツド)

骨を構成するカルシウムなどのミネラル成分どのくらいしっかり詰まっているかを表し、いわば骨の強さを表す指標で、これが低下すると骨がもろくなって骨折しやすくなります

骨密度

読み方こつみつど
【英】:Bone Mineral Density

 骨は強固な体をつくりあげるとともに内臓保護する役割あります血液作り出す骨髄組織存在し体内カルシウム貯蔵庫としての役割あります
 骨は絶え吸収破骨細胞が骨を溶かすと形成(骨芽細胞新しい骨を作る)を繰り返し、約10年をかけてすべて入れ替わるといわれています。この生まれ変わりは、特に骨の再構築リモデリング)といわれます。骨の吸収が骨の形成上回ると、骨は次第弱くなります
 骨の強さやつまり具合は骨密度によって評価されます。骨密度は、骨の単位面積cm2当たりの骨塩量(g)算出され骨粗鬆症診断基準としても利用されています。2重X線吸収法(Dual-energy X-ray absorptiometry: DXA法)によって測定される骨密度が世界中標準的用いられています。骨密度は、男女とも加齢によって減少することが確認されており、その減少率男性よりも女性のほうが大きといわれています。特に女性の場合は、30歳ごろにピーク迎えて骨密度が最大となり、以後は骨密度が徐々に減少し閉経迎え50歳ごろから骨密度の減少加速します。


骨密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/20 22:05 UTC 版)

骨密度(こつみつど、Bone Density)とは、単位面積あたりの骨量のこと。BMD(Bone Mineral Density)と表記される場合もある。骨密度の単位はg/cm2。若年成人平均値(YAM)を基準とした割合値(%)を指標として示されることもある。




「骨密度」の続きの解説一覧

「骨密度」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



骨密度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

骨密度のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



骨密度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
一般社団法人中央酪農会議一般社団法人中央酪農会議
(C) 2022 Japan Dairy Council All right reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2022 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
厚生労働省厚生労働省
(C)2022 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの骨密度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS