芭蕉布とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣類 > > 芭蕉布の意味・解説 

ば しょうふ -せう- [2] 【芭布】

芭蕉繊維から採った糸で織った布。奄美沖縄特産張りがあって肌につかないので夏物衣料とする。 [季] 夏。

芭蕉布

名称
芭蕉布
ばしょうふ

区分
重要無形文化財

保持
平良敏子
<たいら としこ>
沖縄県

解説
芭蕉布は糸芭蕉繊維を糸にして用いるきわめて特色ある染織技法である。17世紀には琉球全島で織られていたことが知られる。琉球藍染,木灰使用などすべて天然材料による,かつ,手くくり絣,手織り等による素古来技法伝える。近年沖縄県大宜味村喜如嘉中心に伝統的技法基本しながら多彩な植物染料使用等芭蕉布の新たな可能性追い求める活発な制作活動が行われている。


芭蕉布

名称: 芭蕉布
ふりがな ばしょうふ
芸能工芸区分 工芸技術
種別 染織
認定区分 各個認定
指定年月日 2000.06.06(平成12.06.06)
解除年月日
指定要件
備考
解説文: 芭蕉布は、糸芭蕉繊維を糸にして用いるきわめて特色ある染織技法である。一六世紀中ごろの沖縄では、すでに高度な芭蕉布作り技術があったことが記録の上で知られる。軽くてさらりとした生地風合いは夏の衣料に適し、沖縄奄美諸島伝統的織物として発達した。琉球藍染、木灰使用などすべて天然材料により、かつ、手くくり絣、手織り等による素古来技法伝える。無地のほか、琉球藍車輪梅等の植物染料使用した縞、格子、絣等の模様織が制作されたが、大戦混乱その後生活様式の急激な変化技術者高齢化等によって生産反数激減し、ほとんど唯一大宜味村喜如嘉おおぎみそんきじょか】においてその技法伝えられてきた。
 近年伝統的技法基本しながら多彩な植物染料使用等芭蕉布の新たな可能性追い求める活発な制作活動が行われている。芭蕉布は、歴史上芸術価値が高く、かつ、地方特色顕著に示す代表的染織技法である。
工芸技術のほかの用語一覧
染織:  精好仙台平  綴織  紬織  芭蕉布  木版摺更紗  友禅  有職織物

芭蕉布

読み方ばしょうふ

沖縄を代表する織物一つ芭蕉には実芭蕉(バナナ)、花芭蕉糸芭蕉があり芭蕉布には糸芭蕉が使われる。現在は大宜味村喜如嘉にその伝統が受け継がれている。芭蕉布は麻より繊維堅いため軽く張りがあり風通しが非常に良く、さらりとした肌触り特徴亜熱帯気候沖縄最適織物として、王族から農民にいたるまで夏の衣類として広く愛用されていた。13世紀ごろからすでに芭蕉布は織られており、大交易時代薩摩侵入後は、献上品や貢納品として大きな役割を果たしてきた。

芭蕉布

読み方:バショウヌノ(bashoununo)

バショウの皮の繊維で織った布

季節

分類 人事


芭蕉布

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/15 10:27 UTC 版)

芭蕉布(ばしょうふ)とは、バショウ科多年草イトバショウ(Musa liukiuensis)から採取した繊維を使って織られた織物)のこと。別名「蕉紗」。




「芭蕉布」の続きの解説一覧



芭蕉布と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「芭蕉布」の関連用語

芭蕉布のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



芭蕉布のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright © 2019 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウルマックスウルマックス
©2019 Local Information Agent Co,Ltd
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの芭蕉布 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS