シャカとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > > シャカの意味・解説 

シャカ 【Shaka】 ○

(1787頃~1828) 南アフリカズール王国の王。軍事組織武器改革し,周辺部族統一して,強大な王国形成したが,暗殺された。

しゃ か [1] 【社歌】

その会社結社設立精神をあらわし,行事などで歌う歌。

しゃ か [1] 【射下】

( 名 ) スル
光などがさしこむこと。 「日中鉄窓より日光を-すれども,之を避くるの場処なく/雪中梅 鉄腸

しゃ か [1] 【瀉下】

( 名 ) スル
などを激しくそそぎくだすこと。 「五六丈の懸崖を-す/十和田湖 桂月
下痢(げり)

しゃか 【釈迦】 〔 Ś ākya〕

○ 仏教開祖世界四聖一人。姓はゴータマ,名はシッタルタ中部ネパール釈迦族中心地迦毘羅(かびら)城に浄飯王(じようぼんのうの子として生まれる。母は摩耶夫人まやぶにん二九歳で出家三五歳で悟りを得た。のち鹿野園ろくやおんで五人の修行者教化し(仏教教団成立),以後八〇歳で入滅(にゆうめつ)するまで教化の旅を続けた。教説四諦(したい)八正道(はつしようどう十二縁起などでまとめられる。生没年紀元前463383年,同560480年など諸説ある。釈迦牟尼(しやかむに)釈尊釈迦如来
[句]

瀉下

読み方:シャカ(shaka

などを激しくそそぎくだすこと


釈迦

読み方:シャカ(shaka

古代インド一種


シャカ

名前 ČakaŚákyamuniShaka

釈迦

読み方:シャカ(shaka

作者 武者小路実篤

初出 昭和9年

ジャンル 小説


釈迦

読み方:シャカ(shaka

所在 茨城県古河市


釈迦

読み方:シャカ(shaka

所在 茨城県猿島郡五霞町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

シャカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/24 01:37 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

シャカ

関連項目





シャカと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シャカ」の関連用語

シャカのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シャカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシャカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS