人材ビジョンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 人材 > 人材ビジョンの意味・解説 

人材ビジョン

読み方じんざいびじょん
【英】:Human Resource Vision

経営ビジョン実現のために、どのような人材どれくらい必要かを示した、中長期人的資源についての構造革新プランをいう。

人材ビジョンの立案は、人的資源コントロールする単位として、SHU戦略的人材ユニット:Strategic Human Unit)を定義するところからスタートする。

SHUは、経営ビジョン違い合わせて企業ごとに個性豊かに設定される必要があるが、一般的にはビジネスリーダー、スペシャリストマネジャーといった人材タイプ別に設定されることが多い。

経営ビジョン実現するために、どのような人材どのような仕事をするかで定義)が必要かをSHU別に描き、それに基づいて人員計画人件費計画人材組織配置イメージSHU別のキャリアパスを含めた育成計画を明確にしていくことが、人材ビジョンを明確にしていくことである。

明確になった人材ビジョンを実現していくために、どのような人事施策どのように組み合わせ実施していくかの中長期計画人事戦略で、この人戦略合わせて様々な人事革新実行していくことになる。



人材ビジョンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人材ビジョン」の関連用語

人材ビジョンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



人材ビジョンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JMACJMAC
Copyright (C) JMA Consultants Inc. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS